忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
ニューヨーク・ロンドン・パリ。華やかな立体ペーパーパズル。


こんにちは。

4月も中盤。春も本番で最近は日中は暑さも感じる日が増えて参りました。 そして今月末になると今度はGW2017がやって来る訳ですから、毎年のことながら何やら一気に華やかな季節が始まった印象も受ける今日この頃であります。

ただこのブログとしてはアウトドアのシーズンが到来したとしても、性質上やはり応援するのは自然と「インドアライフ」でありますので()、今回も「ゴールデンウィークといっても特にこれと言う予定がない」「寧ろ家でのんびりしていたい」という人も家の中で「海外の空気」を感じられる(かもしれない)お洒落な立体パズルについて触れて参りたいと思います。










上の画像にあるのが、まず最初に注目する【ニューヨーク】の町が描かれた3D立体パズルですが、まるで小さい穴から飛び出したかの様なデフォルメ的な造形の演出ががされているユニークな佇まいが、「3D立体パズル」の中でも特徴的な部分かと思います。


【特徴】
1.のりやハサミは必要なく組み立てることができます。
2.組立後は貯金箱として利用できる様です。
3.サイズ:26×23.5×16.8cm
4.参考価格:1602円


組立は初心者の人にはやや難易度を感じる内容のものとなっている様なので、「3D立体パズル」系のパズルとしては数時間かけて丁寧に取り組みたい方向けとなっている様です。







【その他の関連】


(※以下画像は全てクリックで拡大できます。)



※ロンドン/パリ


こちらは同系のパズルの「ロンドン」「パリ」のそれぞれの街並みがデザインされた立体パズルとなっています。 ※【ビッグ・ベン】【エッフェル塔】【凱旋門】等々それぞれの象徴的な建築の他に「草花」をデザインに加えられているので、華やかさがありますし窓辺の棚等に飾るのにも向いているのではないかと思います。

※ビッグ・ベン:エリザベス・タワー





ノイシュヴァンシュタイン城(128ピース・48.7×38×21.4cm・¥4400(参))
金閣寺(56ピース・34×25×22cm・¥1820(参))
サグラダ・ファミリア(194ピース・25×33.2×20.2cm・¥1800(参))


もちろん、これらの様にペーパーパズルだけど「本格的で雰囲気のある模型に仕上がる」写実的なデザインの3D立体パズルも様々な種類がある様なので、好みのものがあった場合は嗜んでみるのも乙な物かと思います。

ノイシュヴァンシュタイン城は値段もやや豪華な様ですが、サイズもありますし「LED搭載型」なので、完成後はライトアップで幻想的な西洋の城の雰囲気をより楽しむことが可能です。 また、サグラダ・ファミリアの方は以前もこのブログの中で少し触れた記憶がありますが、ピース数は多いものの然程難易度は高くない模様なので楽しんで挑戦することができると思います。





血の上の救世主教会(233ピース・44×54×30cm・¥3299(参))
大阪城(101ピース・38×26×26cm・¥1732(参))


ロシアの「血の上救世主教会」も非常に大型でピース数も多いですが、小学生でも挑戦OKな位の難易度なので初心者の大きなお友達でも手軽に挑戦できます。

また、これらの「3D立体パズル」という物は非常に多くの種類やシリーズがありますが、この教会の様に「球形」の多いモデルでも綺麗にも仕上がりますし、更に色々な種類の物が出されるとまた楽しそうです。




 
※また、その他にも関連と辿ることで色々な立体パズルの情報を確認することができると思うので、好みにハマる人や「立体パズルを作って部屋に飾ってみたい」とお考えの方等は色々と探索してみると面白い発見があるかも知れません。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]