忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
花びら散る麗らかな春柄ジグソー。


こんにちは。

春は「別れの季節」ともいいますが、自分の周りでも子供の頃によく遊んで貰ったお爺さんが亡くなるという出来事があり、桜の花びらの様な命の儚さというものを感じずにはいられない今日この頃。 しかし、別れある場所には出会いありと申しましょうか、「新生活」「新年度」と様々な新しいことが始まるシーズンでもありますので、フレッシュな空気を確りと感じつつ春を満喫したい所であります。

そんな所で今回は春と言えばやはり「桜柄」ということで、お花見気分に浸りつつ組み立てて飾れる春のジグソーパズルについて着目をして参りたいと思います。





春の桜柄パズルラインナップへ



上の画像にある絵柄は今回まず最初に紹介をしたい【五重塔から望む桜富士-山梨】という「1000ピース」(完成サイズ50×75㎝)サイズのジグソーパズルです。

伝統的な和の建築というのはやはり桜や富士と共に非常に自然と調和した感じで綺麗な柄のパズルだと思います。(参考価格2700円→1863円)


(※以下画像は全てクリックで拡大表示可)





こちらも1000ピースのパズル(完成は49×72㎝)の【円山公園の夜桜】という絵柄のパズルで、幻想的とも言える満月の月光とライトアップに照らされた枝垂れ桜に引き込まれる魅力を感じるところであります。(参考価格:3024円→2086円)





【その他のパズル】


左:にゃんきっちゃん 300P(26×38cm)1043円
右:松川の桜並木‐富山 300P(26×38cm)1296円


桜の花びらの様に白く美しい毛並みの「にゃんきっちゃん」本能で獲物を探しているのか、一体何を眺めているのでしょうか。 また、松川の桜並木も散歩に出かけたくなる様なのどかで澄んだ空気を感じる絵柄だと思います。

共に300ピースと手ごろなサイズと難易度のパズルなので、初心者の人がまずジグソーパズルに挑戦してみようという際にも最適です。




左上:花咲く祇園 894円
右上:富士と桜舞う浅間神社 1117円
左下:一目千本桜 1117円
右下:桜咲く犬山城ー愛知 745円


これらのものは全て300ピースパズルなので手軽に挑戦できますし、途中で飽きてしまわない限りは 「春が過ぎたのにまだ作成が終わらない・・」 という様なこともなく楽しんで組み立てることができるのではないかと思います。

祇園や日本の城など、やはり和の美術は桜との相性が最高ですね。





※その他にも該当のラインナップページへ行くと色々な桜柄パズルを確認することが可能ですし、ジグソークラブでは総合的な絵柄のジグソーパズルや立体パズル、関連玩具等色々な「インドア派」の人に楽しいものが沢山取り扱われているので、好みの人やパズルに新たに挑戦してみようかという人は探索してみると面白いと思います。


PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]