忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


色々な「おいしそうなパズル」を集めよう。


こんにちは。


4月となり、新年度がスタートしました。この春から新しい生活や取り組みを始めたという方も多いと思いますが新たなる門出を切るには手頃にできる楽しい息抜きというのも必要ですね。今回はそういった所で、みんなが知っている【お菓子】の形をした見ていると「だんだん食べたくなる」ような面白パズルについて着目したので、そのことについての更新をして行きたいと思います。

確か以前のこのブログの記事でも紹介した【きのこの山】【たけのこの里】をモチーフにしたそっくりパズルを掲載したことがあるのを記憶していますが、それらと同じように、おなじみのお菓子を形取ることで、みんなと一緒にちょこちょこっと遊んで見るのにも良さそうです。









(※該当の詳細ページへの移動画像リンクです。)



上の写真にあるパズルはまず最初に紹介している明治【ホワイトチョコレート】パズルというもので、おいしそうな正方形型の「ホワイトチョコレート」が3個から6個つなぎ合わせてできた8片のピースを使って、【色々な形を作ったり】【元のようにケースに綺麗にハメ合わせて、箱に収納したり】などといったパズルゲームを楽しむことができる内容になっているようです。

数もすくなく作りがシンプルあので、箱に収めるだけの作業はそんなに難しくないと思うので、手頃に遊べるパズルゲームとしてたのしめると思います。





 


もちろん伝統的なチョコレート色のパッケージの【ミルクチョコレート】パズルもあり、こちらの方は正方形を5個繋ぎ合わせあ12片のピースを使って、様々な形を作ったり、元のケースに収納するというホワイトチョコと同じような遊びを行うことが出来ます。少し作りが異なるので両方揃えてコレクション気分を味わうのもまた乙なものかと思います。

※上に掲載した二つのチョコレートパズルは現在両方とも506円という価格で取り扱いが行われている模様です。






【その他の関連パズル】






何だか懐かしい感じもする【アポロチョコレート】パズル。

大人でもつい間違って口に入れてしまいそうなそのまんまの形のパズルですが、アポロチョコレート型の11個のピースを箱に入れて綺麗に収納することが出来ればOKというシンプルなゲームとなっています。これは遊んだあとに買いに行きたくなりそうです。(730円現在)




 


みんなのアイドル。そして今後暖かくなるとそのアイドル度もましてくる【ガリガリ君】パズル。

「グレープフルーツ味」が簡単。「梨味」が普通。 という難易度分けがされている模様ですが、ガリガリ君が好きな人なら両方いけるのではないかと思います。グレープフルーツの方は内側のピースを組み合わせて四角いケースにハメ込むまでのミッションですが、梨の方は内側と外側のパズルが二重構造になっているようでやや複雑になっている模様。

というか、やはりこれもまた食べたくなって来ます。夏場は本物のガリガリ君片手に遊んでみたい所であります。







こちらは以前にも紹介した記憶のある「きのこのやま」「たけのこの里」のパズルです。前回の記事を制作した時はほぼ売り切れ状態での紹介となってしまったので、この際にまた掲載させて頂きます。 双方スライド式のパズルとなっていて、きのこの傘やタケノコのトンガリがぶつからないように綺麗に並べ替えて遊ぶゲームとなっているようです。





※その他にもジグソークラブへ行くと、いくつか別の「明治チョコレートパズル」について確認することができるので、好みの人や何かお探しの人は見て回ると面白いと思いますが、更に総合的なジャンルのジグソークラブ、立体パズル、補助アイテム、関連の玩具など、色々とチェックすることができるので、パズルへの挑戦をお考えの方にとても楽しく便利に利用することができます。




PR

新感覚パズル「絡まった紐を取り外せ!」


おはようございます。


W杯も始まって今日はこれから日本代表の初戦(コートジボワール戦)を迎えようとしています。 同じ予選グループのコロンビア×ギリシャは3-0とコロンビアの勝利、各グループ各国が大事な第一戦目を戦っている様子は非常に緊迫した空気を感じます。 やはりこうした一つの試合の結果が 「行く末に大きく影響を与えてしまう」 ような状態ではほとんど一発勝負の連続のような感じなので、いかに選手達も頭をクリーンにいかなる状況でも落ち着いてプレイすることが求められるのだと思います。

そしてそれは今回紹介させて頂く「木の知恵の輪」という斬新な知恵の輪パズルにも通ずるものがあって、手ごわいからと言って熱くなり過ぎず、頭脳を働かせて攻略することがクリアの鍵を握っているようです。 (無理やり話を繋げました。)






上の画像にあるものが「頭脳開発器」という見た目も非常にシュールな印象のある木と紐の知恵の輪パズルなのですが、この形は【ねずみとチーズ】を形どったドラえもんの即倒が免れないデザインになっています。 一見しただけでは何をする知恵の輪なのかふと考えてしまうところ「紐をチーズから外してねずみを解放したらクリア」ということになっているようです。






「水が静かに流れるごとく素直な気持ちで考えるべし」「腕力や刃物を使わず手と頭を使うべし。」という二つの心得が紹介されていますが、種類も全9種類と豊富なので知恵の輪やパズルが好きな人にはやりがいのある玩具になってくれると思います。






【その他の関連】



ビール瓶/UFO/ハンマー/木のおもちゃ


現在の所上の「ねずみとチーズ」の関連パズルとして確認が可能なものの中から掲載をさせて頂くと上の画像のような同シリーズのパズルがあるようです。 どれも紐を外すことでクリアできる内容になっているようですが、「答えが分かったら面白くないから」ということで解答などがついて来ないそうなので、チャレンジする場合はガチな戦いになりそうです。





くみかえ迷路ボード


こちらは小さいお子さんがいる場合にプレゼントに最適な非常に楽しそうなパズルボードになっていると思います。 迷路を自由に組み替えて様々な形の玉ころがしゲームを制作することが可能です。 色々な迷路を作って遊べる子供たちにとっても非常に遊びがいのある玩具になってくれそうです。





※その他にも関連するパズルや楽しそうな玩具の情報も関連を辿ることで色々チェックできるようなので、好みの人やお子さんへのプレゼント、何か手元で遊ぶものを探している人などは探索してみると面白いのではないかと思います。





実際に宇宙飛行士選抜試験にも採用された

「白色」「無地」のパズル




こんにちは。

このブログの更新の合間に年越しを迎えたので、これが新年の初投稿ということになります。

皆様明けましておめでとうございます。

今年も時よりパズルに関する情報を掲載して参りたいと思うのですが、今回は非常に興味深い「真っ白なパズル」をご紹介したいと思います。

これは「宇宙パズル」シリーズと言って、ブログテンプレートを通して見て頂くとサイドバーでも触れていることをご確認いただけると思いますが、実際に宇宙飛行士の試験にも用いられたという【忍耐力】が試されるパズルです。

柄もなく白一色の難解なピースの繋がりを高い集中力で組み立てていくので、かなり難易度は高いとおもいますが、達成すれば組立の腕前も必然的に向上することは間違いないですし、何より本来パズルの持っている【考える楽しさ】というものをじっくりと味わえるシリーズなんじゃないかと思います。






(取り扱店:やのまん 該当のページへのリンク画像)


上の写真にあるのは「ハイパー宇宙パズル」という同シリーズの中でも高難易度のものです。

身近に「宇宙飛行士」に興味を抱く少年少女がいるという方はプレゼントにもいいかも知れませんね。

これをさじを投げずにやり遂げることが出来れば立派なものです。


98-575a.jpg
本当に柄は「無」のホワイトパズル。


「作ったものを飾る」というのがパズルの一般的認識だと思いますが、焦点が「組み立てること」に集中していることで、また違った本来の味わいを感じることが出来るグッズになっていると思います。




ラインナップ


1.宇宙パズル
ピース:99ピース
難易度レベル:2(やのまん評価)

2.ハイパー
ピース:204p
難易度レベル:5

3.グレート
ピース:300p
難易度レベル:4



もちろん自らの忍耐と集中を高める為にトレーニングとして使用するのもいいと思いますし、パズル制作のスキルアップに活用するのも効果があると思います。

価格も手頃なので試し安さはありますね。

ショップを覗いて頂けると同シリーズと共に関連商品を含めて閲覧が可能なので、気になる方はチェックしてみて下さい。






4Dシティースケープパズル東京&
アーチ型ディスプレイケース(M)セット



こんにちは。

そろそろ新春の香りもしてきた頃ですが、来年はいい年になるのか期待の膨らむ時期でもありますね。 そして、今回紹介するパズルは完成すれば、きっといい「都市模型」になってくれるのではないかと思います。



つまり、今から遊べば来年はいい「都市(年)」になるんです!


こんなんでいいんでしょうか・・  
・・いいんです!
 
 
 
ということで、今回は【4Dパズル】なるものを紹介したいと思います。




※プログラム終了の規定により、ここに掲載していた画像リンクは取り外しさせていただきました。


(取り扱いショップ:「やのまん」詳細へリンク)



4Dパズルというのは自分もやのまんさんのページを見るまでは余り意識して聞いたことはないと思うのですが、上の写真を見る限りでは平面と立体の組み合わせたパズルみたいな感じでしょうか。


第1層(下層)紙パズル/第2層(上層)ウレタンパズル/第3層に建物模型という様に【3層構造】の造りになっているようです。

まさに都市パズルなどにうってつけの仕様となっているのではないかと思います。

「東京」というと世界的に知名度のある我が国一番の巨大都市であり、首都ですが、その町並みを※まるで博物館にある様なセットで立体的に飾ることが出来るというのがこのパズルの魅力ですね。

※サイズは家庭の室内に飾るに適した【458×651×135mm】
のサイズです。



アーチ状のケースがシンプルでいて綺麗にパズルを覆って完成度を高めていますね。



style_R_image.jpg

小さいながらに確りと形状特徴を再現している「建物模型」。
都市のパノラマ写真や模型が好きな人、また都市の航空写真などが好きな人には響くもののあるパズルではないかと思います。

首都の景色を眺めながらの正月というのも何だか壮大な気もしないでもないです。


※ショップに行くと本当に色々と取り揃えられていますので、是非とも一度当ブログで紹介しているサイトの方を確認して頂ければと思います。




関連記事
今年は4DCSパズルで世界を制する。




[1] [2] [3] [4
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]