忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


美しい西洋彫刻のような
ジグソーパズル



こんにちは。

部屋に飾る場合も遊ぶ場合にも、色々と見ているとパズルにも様々な特徴をもったものや、用途が異なるものが沢山ありますよね。

中にはこのブログでも以前紹介したような【ホワイトピース一色】のような、純粋に組立を楽しむパズルもあれば、スタジオジブリ作のような完成させて飾って楽しいものまで、様々な姿を見せてくれます。

平面と立体の違いもあったりしますね。


今回の更新では【女神か・・はたまた天使か?】というような美しい絵柄のムーンライズ(月の出)をテーマにしたジグソーの紹介をしたいと思います。







(取り扱ショップ:「やのまん」 該当ページへのリンク)


Moonrise 1000P

種類:絵画イラスト/長野剛
難易度:レベル4/5

美しい人物が画面一杯の全身像として映し出されていますが、全体が白っぽい色合いをしているので、【1000ピース】ということも踏まえると、パズルとしては結構難しそうな感じもします。

夕刻の薄もやに現れた月と、共に現れた女性の優雅でしなやかな曲線ラインが魅力的なイラストだと思います。

象徴的に広がる翼が力強く神々しくも優しげで、飾ればどこか安らぎも感じるような、素敵なパズルアートになってくれることでしょう。

それにしても、このブログでも3Dなどの立体パズルも紹介しているのですが、この作品を見ると「平面でもの立体感は十分に表現できる」というのがわかりますね。

まるでイラストから女性が飛びだして目の前に広がるような、壮大な世界観と迫力を感じます。





※リンク先の「やのまん」さんのページを閲覧しますと、この作品に合った【対応フレーム】というのもチェック確認できますので、興味のある方は合わせて確認してみて下さい。



PR

彼は散らばったピースのどこかに隠れている。

あの有名探索系イラストが
パズルで楽しめる



こんにちは。

雪国の冬は2月くらいがピークになると言われておりますが、既に一日通してマイナスという雪山っぷりを発揮しております。

こういう日はコタツや暖房に辺りながらのんびりパズルの組立にでも取り組んでみたいところですが、今回はじっくり、そして楽しくパズルの世界を楽しむことが出来る【ウォーリー】のパズルについての更新をさせて頂きます。





(取り扱店:ヴィレッジヴァンガードの該当ページへのリンク)

「ウォーリーを探せ」
オン・ザ・ビーチ

1000P

こちらがウォーリーの該当パズルですが、自分が子供のころから沢山イラスト本があったので、お馴染みの方も多いと思いますし、小学校の図書館などにも並べられることが多いと思うので、「懐かしい」と感じる方も多いと思います。


絵柄を見ると相変わらずのゴチャゴチャぶりですが、もともと人ごみや物に身を隠していたり、扮装したりしているウォーリーを見つける遊びとして描かれているイラストなので、とにかく複雑に色々な人物やものが散乱しているのが特徴なのです。


組み立てていても何だかのほほんとして平和な感じを受けますし、完成したらすぐにでも飾りたくなる感じがして【飾ることを純粋に目標にできる】いいパズルだと思います。


また、1000ピースの本格的なジグソーパズルですが、お子さんも喜ぶタイトルなので、そう言った意味はプレゼントや一緒に楽しむのもいいかも知れません。




【その他のウォーリー】

item_84207_l.jpg
ザ・ストーン・エイジ1000P

item_61338_l.jpg
Fair Ground 〃P

item_50623_l.jpg
CakeFactory 〃P




とにかく全てにおいて人口密度が高いですね。

人々の流れや表情、ウォーリー意外にも一人一人に何げに個性的なものを感じたりして面白いです。

まぁ恐らくそういったところにもこだわっている所でこのイラストの難解さが出てくるのでしょうね。

子供の頃に友達と図書室で彼を探しまくっていたのを思い出します。

※上に上げた以外でも取り扱ショップの「ヴィレッジヴァンガード」ではウォーリーシリーズを用意している見たいなので、興味のある方は一度探索してみて欲しいと思います。





難しいジグソーには心強いアイテムが欠かせない!

ジグソーパズル
NeW組み立てマット
&ルーペ



こんにちは。


ジグソーパズルを作るときは何かとゴチャっとしてしまいますね。

また、作りかけのパズルをしまうのに苦労したり、崩さないように大きな場所を使って保管することになったりと、つい大がかりになりがちです。


今回はそういった難解なパズルに挑戦する際に役にたつ、組立時の支援アイテムについての更新を行なって行こうと思います。


 




(取り扱店:ジグソークラブ該当ページへのリンク画像)


こちらはパズルの組立マットということで、作りかけのパズルをクルクルっと巻いてコンパクトに保管して置くことが出来ます。

また、サポートとしてピースを分けてまとめて置くことが出来る仕分け皿もついて来ますので、この上でパズル制作をするだけで、組立る力を大きくサポートしてくれると思います。

普通にやっていると慣れないウチは確り管理しているつもりでも熱中しているうちに色々とバラバラッとなってしまうのがパズルの難しさだと思うので、特にまだ初心者だという方が一つランクの高いジグソーに挑戦しようという時などにはオススメのアイテムです。

とりあえず途中でセーブしようとした時に「ああ、これどうやってしまっとこうか!」という余計なストレスもなくなりますし、より組立のみに集中出来ることでしょう。


また、その他にも制作する上で役立ちそうなグッズもあります。


 



20080707204921bGBtF-L.jpg
ジグソールーペ

こちらはピースの細かい判別に役立つ2倍/4倍のレンズの専用ルーペです。
上の写真のものは「スタンドタイプ」で、制作盤上に立てて使える【設置型】ということになりますが、その他にも手持ちで扱うタイプのルーペも用意されていますので、お好みで使い分けるのがいいかと思います。

絵柄の複雑なもの、境界の分かりづらいものピースの多いものなど、パズルの難易度が上がれば上がる程に微妙な違いを判断する作業が増えますので、本格的なものにチャレンジしようという時には心強いです。

 


※その他、ジグソークラブでは専用のりなどの補助アイテムはもちろんですが、パズルやそれに合うフレームまで確りと準備されているパズルショップなので、関連アイテムをお選びの際や興味のある方は色々と探索してみて下さい。




 


鶴と富士の迎春パズル


年末開設のサイトなので始まっていきなり年越しムードなブログとなってしまいましたが、まず今回はめでたい感じの空気にあやかって「お正月を迎えるのにぴったり」なパズル情報を掲載させて頂こうと思います。





101-60.jpg
【取扱ショップ:やのまん(YANOMAN)】

 「霊峰舞鶴」
ピース数:48ピース
商品在庫状況:少ない



パズルにも様々ありますが、その中でも基本となるのが上の写真のような【ジグソーパズル】かと思います。

今回はすでに12月も回っているということで簡単に作ることが出来る48ピース(ビッグピース)仕様のものを紹介の対象とさせて頂きました。



やはり時期的な魅力を強く発揮するものなので、かなり在庫の状況に厳しいものがありますが年明けに取り組むホビーとしても参考にして頂けたらと考えています。







もちろん類似品や難易度の高いものも
  
10-1195.jpg
吉祥白虎図

来年は虎の年でもないですが、「白虎」にはまた更に特別な力があるようで、めでたいこと間違いなしです。
単純にこの力強い描写に絵としての魅力も感じます。

ただ、このパズルは1000ピース仕様で難易度も高そう。

やはり、難しい部分はグラデーションで広がる青い空でしょうか。





年明けをタイムリミットにパズルの完成を目指してチャレンジするもよし、年越しのイベントとして周りのみんなと取りくんでみるのもよしということで、地味に見えて達成感や充実感が素晴らしいのがジグソーパズルのいいところですね。

もしかしたら、新年そうそうに十分やり遂げた感を味わえるかも知れません()



※これらのジグソーパズルは「やのまん」というパズルを多く取り扱ったオンラインショップで紹介されているものです。

これからここでもどんどん掲載して行きたいとは思いますが、風景からアニメキャラ、アートな世界まで多岐に渡る品揃えなので、一度サイトの中を探索してしてみて下さい。






[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME  
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]