忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


懐かしい名作アニメの世界を感じながら作ろう。


こんにちは。

昨日今日と寒さよりも暖かさを感じる陽気に包まれておりますが、何だかタイミングよくゴールデンウィークの時期に合わせて気温がワントーン上がったかのようで、やはりこうなると何となくのどかな森の中に探検に行きたくなるようなアウトドアな雰囲気になって来る今日この頃であります。 (しかし決して実際には行ったりはしないのがポイントです。)

そんなところで今回は、色々とほのぼのとした妄想をこみでパズルについてみていたところ、非常に懐かしい感じのする【あらいぐまラスカル】というアニメーションのパズルを発見したので、そのことのについての掲載をして行こうと思います。





(該当の「ラスカルパズル」ラインナップのページへの移動リンクです。)

ラスカルマップ 1000P


「あらいぐまラスカル」の世界を空撮視点で地図状に描いたイラストが絵柄になっています。 1000ピースということで「50×75㎝」と仕上がりは大型の本格的な壁飾りになるので、ラスカルが好きな人には室内インテリアとしても楽しめるサイズのジグソーパズルだと思います。

当然細かいですが、絵柄は結構分かり易く、部分による目印も散らばっているので「難易度=気合」でスムーズに制作をすることが可能ではないかと思います。





【その他の関連】


(以下の画像は全てクリックで拡大することが出来ます。)


カントリーラック 1000ピース

動物にとってははとても不思議なものとして映るのかも知れませんが、ラスカルも気になって仕方がない様子です。 このパズルも上に紹介したマップのパズルと50×75㎝の同じサイズのパズルとなっています。





つり 108ピース

隣の釣竿はこのアニメの主人公【スターリング・ノース】の釣り具セットでしょうか、ラスカルとしては野生の本能を使ってザリガニを仕留めた模様です。 いいですね。今日のような陽気の時にはまさにこんな感じの木漏れ日の光がせせらぐような森の中で自然と戯れる妄想というものがつい浮かんでしまいます。 (でも決して実際に行ったりはしません。)





リラックスタイム 1000ピース

椅子に座ってティータイムでも漫喫しているのか、ラスカルの人間界での生活も板についている様子です。 「アライグマ」というと「狸」と非常によく似ている動物としても知られていますが、そうなるとあの【ドラえもん】という狸型ロボットともつい比較してしまうのですが、てんで似ていないのが不思議ですね。 ドラえもんももう少し狸前を磨いた方がいいのかも知れません。





オール108ピース

ラスカルとボート遊びというのも何だか楽しそうですが、彼は見るからにアライグマを超越した賢さを持っているので、この手に持ったオールでふつうにボートを漕ぎ出しそうな勢いも感じる所であります。 原作は海外の回想小説ですが、この時代のアニメはやはり現在とは違う雰囲気をもっていますので、アニメをほとんど見たことがなくても何となく懐かしさを感じるノスタルジック効果を発揮していると思います。



 
Happy Wedding(ハッピーウエディング)

あらいぐまラスカルのウエディング柄のジグソーパズル。 ディズニーなどの人気絵柄でもウエディング/ブライダル系のパズルがあったりしますが、これはピース数が「300ピース」と非常に手軽なものなので、カップルやパートナーとの共同作業にも丁度いいですね。





※その他にも、いくつかのラスカル関連のジグソーパズルや幅広く総合的なジャンルのパズル。または各絵柄にピッタリのパネルや制作の補助アイテムまで色々とチェックすることが可能のなので、パズルの挑戦をお考えの方は色々とショップの方を探索してみると面白いと思います。





PR

映画2014限定バージョン3Dドラえもん


こんにちは。 3月8日より2014年版のドラ映画「新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」が公開となり、ご家族づれやファンの方のドラえもん熱も高まっているものと思います。


それに先立って3月7日には2013年版の映画「ひみつ道具博物館」もテレビ初放映が行われるなど、いつまでたってもドラえもんは夢と希望と現実とのギャップを味あわせてくれる偉大な存在であることを自分としても再確認しているところであります。


そんな処で今回は、今年2月末に発売となった新しい映画版デザインの「ドラえもんの3Dパズル」について着目してみたので、関連のパズルと合わせて掲載させて頂こうと思います。







(該当のラインナップへのリンク画像です。)


THE MOVIE 14 60P

上の写真に載っているのが今回紹介している3Dパズルのなのですが、キャラクターグッズとしてはお馴染みの「クムクムパズル」のような形でドラえもんの真ん丸の顔を組み立てていく作りになっているようです。 パズル自体はみんながよく知っているドラえもんの顔ですしピース数も少ないので手軽に組み立てることができます。

特徴としては今回の映画らしく頭のてっぺんには「探検帽」を被らせてあるという部分でしょうか。 パズルアートとして完成後に飾って置く楽しみと、ファンの方には2014年版の映画公開のいい記念になる3Dパズルだと思います。



※クリックで拡大可能です。

また、このブログでは過去の記事の中で紹介済みではあるのですが、該当のショップの中ではその他の映画「新のび太の大魔境ペコと5人の探検隊」についてのパズルグッズが色々と揃えられているので、ドラえもんパズルを探しているという方はそちらの方も目を通してみるととても楽しいと思います。 通常のピースよりも大きめの【ラージピース】を使ったものや非常にやさしめのパズルが多いので小さなお子さんと一緒のチャレンジにも向いています。




【その他の関連】



ヒーローコミック 204P
※クリックで拡大可

これは2009年度版の映画「のび太の宇宙開拓史」に関するパズルだと思います。英語でかかれているので自分には全く何のことだか分からないのですが、象が「パオパオ!」等と吠えているのだけは理解できます。 あとはウサギの様なキャラクターがドラえもんの耳元で「シーエイチユー!」等と叫んでいるコマも気になる処です。





ドラミ・コレクション 204P

特番放送や劇場版などでここぞとばかりに登場して来るのが、この「ドラミちゃん」ですが、時には物凄い重要な役割を果たすキーマンになったりすることもあるので今後も彼女の活躍は欠かせません。 沢山いるドラミちゃんの中にちゃっかりドラえもんも混じっているあたりがイラスト的なアクセントになっているかもしれません。 204ピースとこれも手頃なパズルでいいですね。


その他にも、取扱いの「ジグソークラブ」では総合的なジャンルのジグソーパズルや、立体パズル、パネル関連備品/補助グッズなどなどパズルに関するものが全般的に揃えられているので、挑戦をお考えの際は見てみると楽しいと思います。 またドールハウスのベストセラー「シルバニアファミリー」などに関するアイテムも取り扱われている様です。




【番外関連情報】


これはパズルとは関係ないのですが、ドラえもんの公式サイトである【ドラえもんチャンネル】の中で、39名に「新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」に関するグッズが当たる抽選の応募が行われているようなので、関連グッズをゲットしたいという方は覗いてみてください。


※クリックで拡大可

また、現在新映画の公式サイト(ドラチャンからもアクセス可)ではペコとボール遊びが出来るゲームをプレイすることが出来るので、そちらの方も挑戦してみると楽しいかも知れません。 (自分はさっきやってみたらほとんど失敗して30ポイントでした。)



関連記事
「新のび太の大魔境」パズル続々登場




パズルライフなロシア収監生活?


こんにちは。


現在後半に入ったソチ五輪が非常に熱くなっていますね。 今朝方等もジャンプ・ラージヒルの葛西選手が念願のメダルをゲットしましたし、連日のメダル獲得のニュースは非常に観る側としても充実したオリンピックを楽しませて貰っている感じがします。

そんな所で今回は開催国ロシアに関するパズルということで色々と見ていたのですが、流石に「ソチの風景」などのような都合のいいパズルはそうそうある訳もなく、あれやこれやで最終的にたどり着いたのが【ウサビッチ】という。 普通に日本製なロシアとなってしまいました。

しかしこのウサビッチ関連のキャラクターの表情やイラストというのは何だか見れば見るほど味わいの増す非常にトリッキーな魅力を感じる所であり、何だか心なしか最近ウサビッチに出てくるプーチンと大統領のプーチン氏の顔が似てきたような気さえするくらいであります。






(※該当のラインナップページへのリンク画像となっています。)


監獄ライフ WITH フレンズ 1000P


上の画像にあるのが今回まず紹介したいと思うウサビッチのメインキャラクター「キレネンコ」と「プーチン」の入る監獄模様を描いた1000ピース大型のジグソーパズルです。

ベッドの上でコサックダンスを踊るプーチンに、床にはマトリョーシカが置かれてあったりと、非常に(和製的な意味で)ロシアっぽさも兼ね備えた絵柄だと思います。 ヒヨコやカエルなどの仲間も色々いて楽しそうな牢獄模様です。

絵柄も全体に書き込まれた絵が続いているので、1000ピースとはいえ初心者もチャレンジし易い絵柄なのではないでしょうか。 通常ピースなので完成が結構大型になるので飾りがいもあると思います。 (サイズ:49cm×72cm)





【その他の関連パズル】



充電OK!? 108マイクロピース

ビリビリ電撃が流れる衝撃的な絵柄ですが、このパズルは108の「マイクロピース」となっていて通常のピースよりもかなり小さい(指先に丁度乗る程度)ので、ピンセットの扱いになれている人はあった方が便利かも知れないですね。





クッキング 300マイクロピース

こちらもマイクロピースなので、通常の300ピースよりもかなりコンパクトな仕上がりとなります。
(サイズ:14.8cm×21cm) 非常に危険な香りのプーチンが料理する絵柄です。





このスニーカーを下さい 300マイクロピース

このキレネンコはシューズコレクターということで、服役中もスニーカーの雑誌に夢中になっていたり、靴欲しさに脱獄してプーチンを巻き込んだりと、時に靴絡みのドタバタも展開するようですね。





収監生活のススメ  1000P

最後にウサビッチの色々な場面の絵が詰まった1000ピースジグソーということで、これ系の絵柄はファンの人が部屋に飾るにはピッタリではないでしょうか。 同じキャラクターたちの細かい絵が散らばっているので混乱する部分もあるかも知れませんが、全体的に絵が書き込まれている内容なので、確りと完成イラストを見ながら行えば気合で乗り越えられそうです。





※その他にも取り扱いのジグソークラブでは、ウサビッチだけでなく幅広く総合的なジャンルのジグソーの他 立体パズル、各種パネルや補助/備品等も揃えられているので、パズルに挑戦してみようという方は色々とチェックしてみると非常に楽しいです。

また、ウサビッチに関しては以前にも一度取り上げさせて頂いたと思うので、そちらの記事の方も暇な時にでも参考にして頂けたらと思います。



関連記事
ウサビッチの脱獄系ジグソーパズル?






ビーグル犬ファンタジーの世界がコタツやテーブルの上に広がる。


こんにちは。

ソチ五輪開幕で基本寝不足体制に入っている人も多いことと思いますが、今回はそういった「手に汗握る熱中モード」を終えた後にふと眺めると一気に気分を和やかにしてくれるような、癒しのキャラクターのパズルについての更新をして行きたいと思います。

そのキャラクターというのは【スヌーピー】なのですが、ファンの方はもちろん余り知らなくてもキャラクターの可愛らしさがお馴染みだったり、目にすると「懐かしさ」を感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。

ジグソーの世界のスヌーピーも、何気ない飼い犬としての日常の中に潜んでいる色々は空想や思い出が詰まっているようなストーリー性のある絵柄が多いようです。



(※この記事のパズルは全て1000ピースです。)








(※該当のラインナップページへのリンク画像となっています。)


ラブ オブ ピーナッツ



日本では「スヌーピー」というキャラクターの名前でお馴染みになっていますが、正確には彼は【ピーナッツ】という漫画の主人公チャーリー・ブラウンに飼われている飼い犬で、コスプレをしてみたり小説を書いてみたりと非常に趣味が多く、特にスポーツも大好きな様ですから五輪シーズンの今年は彼もウインタースポーツに熱くなっているかも知れませんね。

この絵柄も本格的な1000ピースということで、同じキャラクターが並ぶコマが多いので黄色の部分以外は細かくバラけると特徴も掴みづらい部分はあったりと戸惑う部分はあるかもしれませんが、その分スヌーピーの漫画のコマが沢山背景に刻まれているので、世界観に浸りながらじっくりとパズルを楽しむことが出来るかも知れません。






【その他の関連】




うたた寝


チャーリーや親友の【ウッドストック】達と昼寝モードのスヌーピーですが、小屋の上で真っ直ぐ仰向けに寝っ転がっている姿もファンの人にはお馴染みの光景だと思います。これは結構色によるピースの仕分けが容易な感じもしますが、1000ピースですから何だかんだ油断出来ません。




 
空き地の思い出


戦闘機に乗っているスヌーピーと、帽子とヒゲの【スパイク】、自称「ふっくら」犬の【オラフ】、ふさふさ毛の【アンディ】にぶち模様が特徴的な【マーブルズ】、ぱっちり目のメス兄妹【ベル】などの兄弟犬達が揃っている賑やかな絵柄になっているみたいですね。 組み立てた後に飾るのも楽しみになりそうな絵柄だと思います。





グッドナイト


これは完成後に寝室のベッドの近くに飾っておきたくなる絵柄ですね。 子どものころはこういうふんだんに玩具に囲まれた部屋というものに憧れたものであります。

光の加減などが特徴的で面白い絵柄だと思いますが、先日の投稿でも紹介した「光るパズル」系にしても面白そうな光景ですね。





フレンズ


ファンにはお馴染みのピーナッツのキャラクターの面々がまとめられたパズルの様です。 スヌーピーやウッドストック達をターゲットにした絵柄やグッズが多い中で、こういう人間キャラクターにも焦点を当てた絵柄というのは貴重な所かも知れませんね。






※その他にも取り扱いサイトの「ジグソークラブ」では、スヌーピーの1000ピース以外のパズルも色々と揃えられていて、現在(記事投稿時)中には「絶版品」も含まれるラインナップになっている模様なので、ファンの方はチェックしてみて下さい。

また、それ以外にも総合的なジャンルの幅広い種類のジグソーパズルや立体パズル、補助アイテムやパネル/備品の情報もチェックすることが出来るので、パズルに取り組んでみようかという方は覗いて見るととても面白いと思います。




[1] [2] [3] [4] [5
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]