忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
ビーグル犬ファンタジーの世界がコタツやテーブルの上に広がる。


こんにちは。

ソチ五輪開幕で基本寝不足体制に入っている人も多いことと思いますが、今回はそういった「手に汗握る熱中モード」を終えた後にふと眺めると一気に気分を和やかにしてくれるような、癒しのキャラクターのパズルについての更新をして行きたいと思います。

そのキャラクターというのは【スヌーピー】なのですが、ファンの方はもちろん余り知らなくてもキャラクターの可愛らしさがお馴染みだったり、目にすると「懐かしさ」を感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。

ジグソーの世界のスヌーピーも、何気ない飼い犬としての日常の中に潜んでいる色々は空想や思い出が詰まっているようなストーリー性のある絵柄が多いようです。



(※この記事のパズルは全て1000ピースです。)








(※該当のラインナップページへのリンク画像となっています。)


ラブ オブ ピーナッツ



日本では「スヌーピー」というキャラクターの名前でお馴染みになっていますが、正確には彼は【ピーナッツ】という漫画の主人公チャーリー・ブラウンに飼われている飼い犬で、コスプレをしてみたり小説を書いてみたりと非常に趣味が多く、特にスポーツも大好きな様ですから五輪シーズンの今年は彼もウインタースポーツに熱くなっているかも知れませんね。

この絵柄も本格的な1000ピースということで、同じキャラクターが並ぶコマが多いので黄色の部分以外は細かくバラけると特徴も掴みづらい部分はあったりと戸惑う部分はあるかもしれませんが、その分スヌーピーの漫画のコマが沢山背景に刻まれているので、世界観に浸りながらじっくりとパズルを楽しむことが出来るかも知れません。






【その他の関連】




うたた寝


チャーリーや親友の【ウッドストック】達と昼寝モードのスヌーピーですが、小屋の上で真っ直ぐ仰向けに寝っ転がっている姿もファンの人にはお馴染みの光景だと思います。これは結構色によるピースの仕分けが容易な感じもしますが、1000ピースですから何だかんだ油断出来ません。




 
空き地の思い出


戦闘機に乗っているスヌーピーと、帽子とヒゲの【スパイク】、自称「ふっくら」犬の【オラフ】、ふさふさ毛の【アンディ】にぶち模様が特徴的な【マーブルズ】、ぱっちり目のメス兄妹【ベル】などの兄弟犬達が揃っている賑やかな絵柄になっているみたいですね。 組み立てた後に飾るのも楽しみになりそうな絵柄だと思います。





グッドナイト


これは完成後に寝室のベッドの近くに飾っておきたくなる絵柄ですね。 子どものころはこういうふんだんに玩具に囲まれた部屋というものに憧れたものであります。

光の加減などが特徴的で面白い絵柄だと思いますが、先日の投稿でも紹介した「光るパズル」系にしても面白そうな光景ですね。





フレンズ


ファンにはお馴染みのピーナッツのキャラクターの面々がまとめられたパズルの様です。 スヌーピーやウッドストック達をターゲットにした絵柄やグッズが多い中で、こういう人間キャラクターにも焦点を当てた絵柄というのは貴重な所かも知れませんね。






※その他にも取り扱いサイトの「ジグソークラブ」では、スヌーピーの1000ピース以外のパズルも色々と揃えられていて、現在(記事投稿時)中には「絶版品」も含まれるラインナップになっている模様なので、ファンの方はチェックしてみて下さい。

また、それ以外にも総合的なジャンルの幅広い種類のジグソーパズルや立体パズル、補助アイテムやパネル/備品の情報もチェックすることが出来るので、パズルに取り組んでみようかという方は覗いて見るととても面白いと思います。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]