忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
牢獄系ドタバタ兎のトリッキーでデンジャラスな世界。


こんにちは。


最近かなり暑くなって来ましたが、自分の所も朝と午後移行の空気に差がありすぎて何とも言えない倦怠感みたいなものを覚えつつ、本当にここの所【丁度いい季節】というのがなくなって「寒いor暑い」な世の中になったものだと感じる今日この頃です。

こんな時は何か「目の覚めるような爽快感」「トリッキーなワクワク感」を感じるようなパズルにでも没頭して、暑さやダルさを吹き飛ばしてしまいたいということで、今回は上にも書いたような【ウサビッチのパズル】についての更新を行なって参りたいと思います。

しかし、この「ウサビッチ」というものは【キレネンコ】【プーチン】というメインの二匹のウサギの面構えを見ているだけでも、かなり【ただならぬ空気】を感じるデンジャラスな雰囲気を感じます。

顔に大きなつなぎ目のあるキレネンコに、北の隣国で大統領をやっている人と同じ名前のプーチンというふうに、「何となく、あんまりこの作品世界について分かっていなくても面白い」という魅力溢れる絵柄が多いと思います。






(ジグソークラブ、該当ページへのリンク画像)

ドタバタ劇のススメ1000P


ウサビッチの世界がギッシリと詰まった絵柄になっていると思うので、ファンの人には非常に魅力的なイラストになっているのではないかと思います。

一見ゴチャゴチャと書き込まれていて複雑な印象も受けますし、パズルとしては一人でやるとやはり大変かも知れませんが、その分絵柄の各部位に個性や違いができるので、何人かで手分けして作業する分には非常に作りやすい内容になっていると思います。

気合だけでクリアできる内容とも言えるので、寧ろ【興味はあるけど余りパズルは得意ではないので手が出せない】という人には、ここらでひとつ1000ピース級のパズルにチャレンジするチャンスだと思います。

赤と緑の囚人服に身を包んだキレネンコとプーチン達の躍動感がイイ感じですね。





【その他の関連パズル】



脱獄のススメ1000P

プーチンとキレネンコの逃避行を描く、好きな人にしてみたらウサビッチの代表的「ススメ」でしょうか。
これも物凄く華やかで躍動感を感じますが、パズルを組み立てるためのヒントが至るところにある状態なので、とても楽しみながら制作を行うことができるのではないかと思います。





ウサビッチ大集合1.1000P

こちらも楽しげなウサビッチワールドが描かれた絵柄になっていますが、このパズルは「ジグソークラブ」の会員限定商品とのことなので、その点は注意してください。 ジグソークラブも流石やりますね。(ジグソークラブの会員には費用は一切かかりません)





ビリビリショック!300P

こちらも会員限定のパズルですが、かなり緊迫のシーンのようですね(ガチ)。
お二人の目を見ると、かなり危険な感じになっているのが分かる感じがします。





ドライブ500P

これも会員限定パズルですが、ウサビッチについて知っている人ならどこかで見た覚えのあるような、お馴染みのイラストではないかと思います。
この何食わぬ感じの二人の顔と、耳に刺されたクリップのピアス「アクセサリーというよりはフランケン的な感じ」に見えるデンジャラス感が、背景の「平和な青空」と対比して何か奇妙な面白さを感じる絵柄だと思います。




その他にも、「ジグソークラブ」では幅広く総合的なジャンルのジグソークラブや、立体パズルなども用意されていますうので、パズルの挑戦をお考えの方は是非覗いてみて欲しいと思います。(2014年2月16日にこの記事を更新しました。)



関連記事
二羽の兎と監獄パズル




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]