忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
ゲド戦記、火垂るの墓、そして狸合戦ぽんぽこなど、ジブリ戦史でミニパズルに挑む!


こんにちは。


最近の頃合というのは比較的に過ごしやすい季節かと思いますが、暑いと思ったら涼しくなってて波も感じるところで、夜にややジメジメすると思って軽装備で寝ていたら朝方寒さで起きるということもあったりするので、全く油断なりません。

まぁ「一寸先は闇」で、まさにこの世の中はいつの世も戦場なのであります。

そんなところで、全く上手く繋がってはいないのですが、今回はスタジオジブリの「戦関連」の作品を焦点に記事の更新を行なって参りたいと思います。

と申しますか、今回の投稿は今までのジブリ作とはスタイルを変えて複数作品のパズルの紹介ということになっているのですが、やはりその辺りはジブリ作パズルにも色々とあって、残念ながら現在のラインナップがジブリ定番の「ミニパズル」のみとなっている作品もあり、この記事では3つほどあわせて掲載させて頂くこととしました。

ジブリ作といえどもやや「マイナー」という位置づけになってしまっている作品も中にはあるわけですが、思い起こせば素晴らしい映画揃いなので、こういった作品は余り巷で名前が上がらなくても密かな【マイメモリアル作品】になっているということもあったりすることでしょう。






(該当のカテゴリーページへの画像リンク)

ゲド戦記150P

宮崎吾郎監督のデビュー作として知られる作品ですね。
欧州の「ドラゴン」を思わせる「竜」が印象的な劇場ポスターイラストです。
ジブリパズルお馴染みの150ピースミニパズル(ポストカードサイズ)になっていて、パズルとしては難易度的にもお手頃な内容になっていると思います。

またこのポスターイラストのミニパズルは、以前の投稿でも書いたように、単品を収める為のものはもちろんのこと、ジブリ作品をひとまとめに並べて飾れる専用のフレーム(パネル)も「ジグソークラブ」にて用意されているので、ジブリミニパズルをコレクションして飾りたいという方は一度サイトの方を覗いて見て欲しいと思います。




【その他の関連パズル】

(以下の画像はクリックで拡大できます)

平成狸合戦ぽんぽこ150P

メッセージ性が結構ストレートな中にも何か狸達のノホホンとした空気があって、自分としては好きな映画であります。最近狸のアニメというと「ドラえもん」しかみていない感じなので、時にこういった作品を思い起こすと何やら新鮮な空気を感じるところであります。




火垂るの墓150P

こちらは先の大戦下を舞台にした恐ろしくも印象的な映画作品で、高い評価を受ける名作ですが、「パズルを作って飾る」内容の作品ではないので、結構貴重なグッズかも知れませんね。
清太につかまる節子とポロポロの傘が背景の暗闇と爆撃機のシルエットと混ざり合って戦時下の混沌とした空気を感じるポスターイラストになっていると思います。





※その他にも、ジグソークラブでは総合的に幅広いジャンルのパズルが用意されているので、挑戦をお考えの方は一度探索してみると面白いと思います。
パズルだけでなく、パネルや補助アイテムなども取り扱われていますので、参考にされるのがよろしいのではないかと思います。




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]