忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
二匹のワンちゃんに見つめられる写真のパズル


こんにちは。


人間と共に歴史を歩んで来たからこそかも知れませんが、犬や猫というのはやはり愛らしくて、見ていると心を和ませてくれますよね。 飼っていると言う方はもちろんだと思いますが、テレビみたりだとか道端で会う彼らの姿というのも、人間の社会の中にあるかけがえのない癒やしです。


そんな所で今回は【犬のジグソーパズル】についての更新を行なって参りたいと思うのですが、やはりその括りだともの凄い数のラインナップになってしまうので、今回は「子犬が2匹で一緒に写っている写真」に絞って焦点を当ててみました。


また、その他の括りの紹介も機会があればまた行いたい所ではありますが、当然ショップを覗けば「一匹ワンちゃん」「大勢のワンちゃん」といった他の犬パズルも自由に見て回ることができますので、気の進んだ方は【ジグソークラブ】の方を一度覗いてみて下さい。






(上 「ジグソークラブ」の詳細ページへの画像リンク)


ふたごわんこ300P


二匹の子犬がマッタリしながらこちらを見つめています。ハート模様の下地背景のキラキラ系のエフェクトにもバッチリとマッチして、非常に【ナゴナゴできる絵柄】になっていると思います。

パズルとしては今回は「作り安く、それでい意外と本格的」といった特長の【300ピース】パズルでまとめている所もあり、このパズルも初心者にも手頃に挑戦できるレベルのものだと思います。


また、ジグソークラブ内では対象の※パズルにピッタリのパネル(フレーム)をリスト表示させて確認することもできるので、挑戦をお考えの際はそちらの方もチェックしてみて下さい。




【その他の関連パズル(全て300ピース)】


(以下のサムネイルはクリックで拡大することが可能です)

読書の時間

ぬいぐるみのように可愛い子犬が本の世界から飛び出して来た風にも見える不思議な情景になっていますうね。ワンちゃんにとっては本もテープも触って隠れて楽しい遊び道具といった所でしょうか。
それにしても、本当に「目がまん丸」ですね。



一緒に連れてって

「どっちかはぬいぐるみだよね?」と疑ってしまうくらいのモフモフ感ですね。
連れて行きたくてもどうしてもお留守番して貰わなければいけない時は当然あると思いますが、こんな目で見られるとご主人としては悩ましい所ですね。



SS きみ、だぁれ?(チワワ)

チワワの子犬二匹組、こちらも大きな瞳でこちらを見つめてきやがるので、こっちとしてはもはやただひたすらナゴナゴするしかなくなりますね。というか個人的に、右側のワンちゃんの太い眉毛ののような模様がたまらないです。



ラブラブわんこ

カップルかッ!
でもこういう人間から見て明らかに「可愛い」と思う仕草を平気に連発する子犬達の姿というのは、ある意味神秘的ですらありますね。





その他にも、「ジグソークラブ」では猫や他の動物パズルと共に、幅広いパズルが用意されていますので、パズルでもやってみようかという方はサイトの方を探索してみると面白いと思います。

※また、パズルにピッタリのパネルを検索する際は、ジグソークラブ内の各パズルの詳細ページにて、「この商品にあうパネルを見る」という今現在緑色で表示されているボタンを押すと、サイズにぴったりのパネルがズラッと並んで検索表示されます。勿論それらもショップの中で取り扱われているものなで、サイトを利用する際には便利なので活用されるのがよろしいかと思います。

やっぱり「パズルは決まったはいいけど入れるパネルってどう選べばいいんだろう」というのも特に初めての挑戦の時などは手間なので、いっぺんに必要なものを揃えられるというのも、パズル専門屋さんのいい所ですね。



犬猫パズル関連記事
子猫達の微笑ましい姿を毎日眺める
一匹子犬が佇むジグソーパズル



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]