忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
港の見える丘の上で「パズルの完成」を告げる信号旗をあげる。


こんにちは。


この間に一気に気温が上がって、昨日今日は適度に風の通る丁度いい爽やかな陽気なのですが、自分も海の近くに住んでおりますので、こんな日は港の方に出て散歩でもみるとほのぼのとした穏やかな空気を堪能出来そうですね。


そんな所で、今回は「スタジオジブリ」のパズルの公開ということで、【コクリコ坂から】のパズルについての紹介を行なってまいりたいと思います。



【ヒナゲシ(コクリコ)の花 Wikipedia】

この映画作品は「宮崎吾朗監督」の二作目の監督起用作ということなのですが、実に宮崎駿監督高畑勲監督以外でジブリ映画の「二作目」を手がけるのが今作で始めてということらしく、今後の吾朗氏への期待というのも高まる一作となったと思います。


現代とはやや違う感じのレトロ調な世界観の中に確かに通ずる青春の雰囲気が爽やか且つドラマティックで、いい作品なんじゃないかなと個人的には感じている所です。






(※紹介サイトのリニューアルにより該当のパズルは取扱いから外れた模様なので、別口(アマゾン)へのリンクの張替えをさせて頂きました。 松崎 梅のパズルも現在こちらのサイトで探すことが可能です。2014年11月23日更新)


風間俊108P

上の画像は「コクリコ坂」からの劇中に登場する新聞部部長の男子生徒ですね。
ヒロインの「海」とのドラマも本作の大きな注目ポイントなのではないしょうか。

パズルとしては108ピースのコンパクトサイズで絵柄も部分的な区分がわかり安いので、気軽に挑戦できるないようになっていると思います。

この「学校の部室感」が何とも青春の空気を感じる所であります。




【その他の関連アイテム】



松崎海108P

原作の「小松崎海」から苗字的に少し大きくなって帰って来た劇中のヒロインです。
上の風間くんのパズル同様108Pのお手頃パズルになっています。
港銀行」の宣伝もバッチリ決まってますね。





コクリコ坂からポスターイラスト
150P or 1000P


150Pは「ポスターカードサイズ」の【ミニパズル】で、1000Pの方は大型の本格パズル仕様になっていますね。以前からの投稿でも書いていますが、150Pミニパズルの方はひとつのパネルにジブリ作をまとめて飾れるように作られた「特製パネル」もありますので、そちらの方も挑戦をお考えの場合はチェックしてみて欲しいと思います。



以前の投稿で「風立ちぬ」の予約受けつけの件の記事を掲載いたしましたが、いつの間にか紹介サイトの「ジグソークラブ」さんの方で該当のページが消去された状態になっているようです。

何分発売前の情報ですので、予定や企画の変更などは起こりやすいと思いますし、ただ単にページの再構成過程である可能性もあるので、少し様子を見て変化がなければ問い合わせでもしてみましょうかね。

それまで一時保留ということで、記事を非公開処理致しました。

(このブログはリンクに「画像リンク」を使用しているので、該当のページが無くなると急に記事の画像が「×」になるので、一瞬ビビリます。)




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]