忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
幻想と創造の中に生まれた世界


こんばんは。

子供の頃にファミコンゲームのFFシリーズなどで遊んでいる時に、
「このパッケージイラスト、フニャフニャしてるけど格好いいなぁ」と思っていたのですが、何だかあの絵は色々と見れば観る程に引き込まれてしまう魅力を感じます。

今回は非常に独創的なファンタジーなイラストを生み出している【天野喜孝氏】のパズルについて更新をして行きたいと思いますが、凄く描写も多くて一つ一つの線までも遊びを効かせたタッチで描かれているのに、なにか上手く一つの絵としてまとまっているというか、不思議な躍動感のある絵柄が多いように思います。





(取り扱ショップ:ジグソークラブ該当ページへのリンク)

鬼神来たりぬ
1000P


「鬼神」というイメージでキャラクターイラストを描いたら、恐らくこう描くのは天野氏だけなんじゃないかという創造的な絵柄だと思います。

多分自分だったら角とか生えまくってるごっついオッサンを描きますかね。
下半身が馬というケンタウロス的な発想は現代は別に珍しくないですが、上半身は至って普通な美人女性騎士の姿をしているのがいいですね。

それで鬼神的な要素は装飾品で意味合いを発揮しているような感じがします。

少なくとも、取り敢えず美少女で描く感じの現代「萌え」イラストとも全然違いますね(ガチ)



1000ピースということですが、色合い的に「こことここは茶系そして、こことここは青系の色」という風に青と茶色と肌の色という感じの少数の色を調整しながら配色している感じなので、全く別の部分の箇所のピースが同系の色になっていることもある為、細かく散りばめられた場合にもしかしたら見分けに手間取ることがあるかも知れませんね。

ただ絵柄としてはシンプルに大きく一人のキャラクターが描かれているシンプルなものなので、それほど身構えなくても行ける感じはします。




【その他の関連アイテム】
(全て1000ピースです)


20090810184057wnNLe-L.jpg
アモン・サーガ

この空を飛んでいるかのような躍動感は天野氏のイラストの特徴かも知れませんね。
ただ、パズルとしては一番難解と言われるホワイトピース箇所が多いのでかなり難しいことになるかも知れません。


20090601142142foYPb-L.jpg

黒衣の剣士

闇をまとう剣士というのはファンタジーでは王道ではありますが、今度は黒と来たものです。
こうなるとパズルとしたら白ピースと同様に難しいことになりますね。

ただ個人的には天野氏の作はミニパズルよりは、難易度が高くても本格パズルの方がいいと思います。



20090501115736bhygJ-L.jpg
さまよえるオランダ人

これまたパズル的にはブラックピースが絵柄以上に恐怖を感じる作だと思います。
取り敢えず彼がオランダ人であることは分かりました。



20090501115507DHwtS-L.jpg
幻夢宮

これもファンタジーの王道的な「暗闇に浮かぶ上半身」的な絵ではあるのですが、凄いのは細かな装飾ですね。
別に左右対にならなくてもいい感じで、のびのびと自分の思ったものをそのまま描いている感が素晴らしいですね。


絵画系のイラストは漫画などと違い一枚でひとつの作品なので、いくつも同じ絵を書く事を気にして描写を抑える必要もないので、思いっきり書き込みまくってますね。


※天野喜孝氏のパズルラインナップは以上ですが、その他にも「ジグソークラブ」では色々なジャンルのパズルが用意されていますので、挑戦をお考えの方は覗いて見て欲しいと思います。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]