忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
ジグソーにクムクムパズル、そしてスタンプと、ドラづくし


こんにちは。


9月1日ということで、華やかな夏の季節も終わりを告げて、これからは「秋」の季節に移り変わろうとしていますね。 不思議なもので、昨日まではそれなりに鳴いていた蝉達の声が、9月になった途端に急に弱々しくなった感じがします。

長いようで、過ぎ去ってしまうと季節の流れの速さにいささか哀愁じみた感覚も覚えてしまう所が
あるのですが、しかしこれから迎える「秋」も「食欲」「読書」「スポーツ」「芸術」と、何をやってもじっくりと集中出来る、穏やかで爽やかな魅力的な季節だと思います。

正にパズルに取り組むにも絶好のシーズンですね。


そんな所で、今回は「○○の秋」の一つの提案として、小さいお子さんのいる方も「親子で楽しく取り組める」ような、優しくて面白い「ドラえもんのパズルグッズ」についての更新を行って参りたいと思います。





(該当のラインナップページへのリンク画像です)


ドラえもんパズルセット
【15P.35P.54P.80Pの4種】


上の写真にあるのが、まず最初に紹介したいドラえもんが沢山の簡単パズルセットです。
ピース数が少ないのもありますが、笑顔のドラえもんが一杯なので、大好きなお子さんも喜んで挑戦してくれることでしょう。

もちろん大きなお友達にしても、自分のコレクションに加えがてら楽しんで見ると面白いかも知れません。 ドラえもんを愛する気持ちに世代は関係ありません。





(ここから下の画像はクリックで拡大することができます。)


また、上の写真のような「クムクムパズル」「パズランタン」といったファンにはお馴染みのグッズもいいですね。

クムクムパズルが【37ピース】で、パズランタンが【60ピース】ですが、組み立てることで立体的にドラえもんの姿が完成して行く様は、これまた小さいお子さんも大きいお友達もグッとくるものがあるかも知れません。







2013年のドラえもん映画「ひみつ道具博物館」仕様のクムクムパズルも登場しています。
80+8ピース】ということで、ひみつ道具などの付け替えグッズがあったりと、通常のクムクムよりピースも遊び要素も充実していますね。


付属の「ひみつ道具」
・DX軍団のころばし屋
・アンキパン
・ポポン
・スモールライト
・空気砲
・レモン(鈴と交換できる)


また、今現在「ドラえもんチャンネル」というサイトから、2014年公開映画のドラえもん映画「新のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊」の公式サイト及び、特別ムービーを視聴することが出来ます。

ドラチャンも非常に楽しいサイトで、まだ行ったことのない方は遊びに行くと面白いと思います。




【その他の関連アイテム】






この記事掲載のパズルの取り扱いショップである「ジグソークラブ」では、上のような「浸透印」などのスタンプ系のグッズも用意しているみたいですね。

教師などをやられている方にはバッチリハマるアイテムだと思いますが、それ以外の場合でも例えば自宅学習でお子さんの頑張りにたいする「評価印」として用いたりというのもいいですね。







そして意外なことに結構このスタンプ系のグッズは色々あったりするんですよね。
こうなると、のびくんのノートにも押してあげたくなります。

確か「ウサビッチ」のもスタンプ系のグッズがあったようなので、人気キャラの定番アイテムの一つと言えるかも知れませんね。


※その他にも、ドラえもんグッズは沢山あるので、パズルに挑戦をお考えの方は色々見て回ると楽しいと思います。



関連記事
ドラえもんと一緒にパズルを一気に組み立てよう
「新のび太の大魔境」パズル続々登場



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]