忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
職人さんがひとつひとつ作る、木目の動物達。


こんにちは。


今日は真夏日和でかなり暑いのですが、今はまさに世は「夏休み」ということもあって非常に賑やかに活気あふれるシーズンになって来ました。

また、この夏休みというと【夏休みの工作】なるものを小学生の時に取り組んでいたという方が大勢いらっしゃることと思いますが、そういうこともあってか、個人的にこの季節は「工作意欲」というのが一年の中で一番強まるような感じもしている今日この頃です。

そんな所でこのブログでも紹介している「パズル」というのはそんな気分の時には丁度いいんじゃないかと思ったのですが、今回はちょっと変わった所の【木の立体パズル】というものについての紹介をさせて頂こうと思います。


【いけそうな気がするポイント】
・簡単に手軽なレベルで木工工作気分を味わいたい場合
・オシャレで楽しい木製立体パズルをインテリアとして飾りたい時に
・難易度も優しいのでお子さんへのプレゼントにもバッチリ






(ヴィレヴァンの特集ページへのリンク画像)


木の動物パズル

  「ani-woods」


上の写真にあるのが今回紹介する「木の動物パズル」の一つの「かめ」デザインのパズルですが、これは似ていますがイワユル【積み木】ではなく、確りとパーツを噛み合わせて模型として自立させることのできる【立体パズル】となっています。

職人さんが一つ一つ手掛けたそのこだわりのフォルムが何とも魅力的だと思います。




※参考画像 「かめ」パーツ


パズルですので、このようにバラバラの状態からスタートな訳ですが、これを工夫を凝らして組み合わせて行くことで、上の画像のような綺麗な「かめ」の形に完成させることができるというわけであります。

確りとパズル模型として仕上がるように、非常に上手いこと出来ているので、「なるほどなぁ」と組み立てながら関心してしまう部分もあるかも知れません。





※参考画像 海の生き物パズル


今の季節は丁度「海や水辺の生き物」というのが旬の時期ですね。

【海水浴】に行ったりだとか【水族館】に行くというのも、夏季ならではの楽しさが満載ですし、この職人技の光る木製パズルは、そういった旬の海の生物を面白いインテリア的なオブジェとして飾ることが出来ると思います。 

玄関、リビング、各個室内と、どこに飾っても様になるようなクリエイティブな雰囲気があるので、個人的な印象としては遊ぶ以上に飾りたくなるシリーズです。





【「陸上の動物」も色々います】

※参考画像 陸の動物系パズル


ゾウやサイなどの力強さが伝わって「大型動物」ものから、リスなのどの愛くるしい「小動物」などが色々と出されているようですが、中には「蛇」などという非常に複雑に作りこまれているもんまで存在するみたいです。

しかも蛇はかなりリアルなので、苦手な人はギクッとしてしまうかも知れません。


もちろん他にも、鼻を上げたデザインのゾウさんとか、アヒルや馬などの定番的なデザインのものも登場しているようなので、この感じのパズルが好みに合うという方は該当のページを覗いて見ると楽しいのではないかと思います。

ただ、こう色々な種類があると何だか「揃えたくなる感じ」のコレクター魂を揺さぶるような魅力も感じる次第でありますが、そうなるとこれは【機械的量産もの】ではない【職人さんが仕上げているもの】なので、結構商品在庫との熱い戦いになることが予想されます。






※該当のラインナップページでは紹介しているパズルの組立の光景(完成まで)の動画をチェックすることが出来ます。(長い動画ではありませんのでサッと視聴できます。)

※人気のデザインについては「入荷待ち」の状態に陥り安いので、目当てのデザインの在庫状況には注意して下さい。





PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]