忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
夏の海をホウキで空から眺めるのも楽しいかも知れません。


こんにちは。


8月も終盤で、それと共に少しずつ夏も過ぎ去ろうとしているのですが、夏というと唯一快適に海で泳ぐことができる時期だけあって、本当に「海の美しさ」を再認識させられる季節ですね。

今回の夏にも海水浴をしたという方も多いと思いますし、何となく港近くと航行する船を見るだけでも雰囲気が違います。

そんな所で今回は以前からこのブログで掲載させて頂いていた「魔女の宅急便」のパズルについての更新をして参りたいと思います。


やはりこの「ジブリの名作」のパズルシリーズも、トトロパズルと同様にかなり数が多く出されていると共に、今でも新品が登場し続けているので、それらについての掲載をさせて頂きます。






(該当ラインナップページへのリンク画像)


~カモメにあいさつ108P


「青い海と空に包まれてカモメと空を飛ぶ」という夢のようなワンカットですね。
コリコの町を背景に鳥の編隊に混じって空を飛んでいるのでしょうか。 向こうの島までお届け物なのかも知れません。 

この絵柄は海と空の青が全体に広がっているので、ピースが多いと結構大変そうな部分もあると思いますが、このパズルは108ピースなので、苦手な人でも楽しんで取り組むことができるのではないかと思います。




【関連アイテム】

(以下の画像は全てクリックで拡大確認することが出来ます)


海辺の語らい117P

とんぼとキキと、原作では確か今後「結婚することになる二人」の語らいのシーンのようです。
地面をみると砂浜になっているようなので、目の前は広大な海が広がっている感じでしょうか。




花咲く庭-オキノ邸208P

自然豊か過ぎるくらいの緑と花に包まれた庭園が特徴的ですね。
オキノ邸のパズルは他にも500Pサイズの横ワイド型のものもありますので、好みの人は閲覧の際にはそちらも合わせてチェックして欲しいと思います。




コリコの町208P

魔女の宅急便の劇中の舞台である豊かな港町ですね。
このコリコの町のモデルになっているのはスウェーデンのストックホルム
そして「ゴットランド(ゴトランド)島」の「ヴィスビュー(ヴィスビー)」などが上げられています。

この辺りのゴットランド島やヴィスビューの町については、北欧好きの方や、何気にスウェーデン海軍の現役の潜水艦やコルベットの名前にもなっているので、ミリタリー系が好きな人にもお馴染みかも知れません。




光射す部屋300P

劇中のアニメーションイラストとはまた違った、手描き調の魅力溢れる絵柄になっていますね。
いつも同じ身なりをしていても、何気にオシャレ心が旺盛な年頃のキキの姿が描かれているようです。




【9月下旬発売】



魔女の宅急便2014年カレンダージグソー1000P
※現在予約受け付け中(ジグソークラブ)


トトロと同じく、2014年のカレンダーが詰まったパズルの「魔女の宅急便バージョン」が発売されるようであります。

今回の記事で紹介する中では唯一の1000ピースクラスのパズルですが、しかし何気に画面いっぱいにピースを識別できる要素が詰まった絵柄になっているので、結構苦手な人でも「気合で行ける」パズルになっていると思います。

トトロのものと同様に、独立したイラストが沢山並べられているので、だれかと手分けして取り組むのにも向いていると思います。




※その他にも「ジグソークラブ」では魔女の宅急便を始めスタジオジブリのパズルや、総合的な分野の絵柄のジグソーパズルが揃えられているので挑戦をお考えの方は覗いて見ると楽しいと思います。



関連記事
ジブリパズル「魔女の宅急便」 爽やかな浮遊感が魅力の300ピース 



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]