忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
透明のピースが連なるステンドグラス


こんばんは。


とうとう肌寒さも感じる季節になって来ましたが、パズルの分野においては「コタツにあたりながらのんびりピースを選ぶ」という非常に理想的なシチュエーションで組立を楽しむことができるので、涼しい時期こそますます旬になって来ると思います。

寒くなればどうしても室内で暖を取る時間も増えたりしますので、室内娯楽の充実というものにはパズル遊びは持って来いですし、【季節のパズル】を楽しんだり【作ったものを飾ったり】と秋冬の情緒溢れる季節にはピッタリです。


そんな所で、この記事でもパズルの情報を掲載していきたいと思うのですが、今回はちょっと変わった【ステンドアートジグソーパズル】というものについて紹介させて頂こうと思います。

※このステンドアートジグソーというのは「クリスタルジグソー」とも言われるようで
プラスチック製の「透明ピース」を使った新しいスタイルのジグソーパズルです。






(該当のラインナップページへのリンク画像)

「ネオクリスタル」
トワイライト ビューティー1000P


夕暮れ時のディズニーランドの広場を映した絵柄でしょうか、夕日の美しさとミッキーミニーのツーショットと合わさってロマンチックな印象も受けるところであります。

後ろのお城は東京ディズニーランドで有名な「シンデレラ城」とは形状が違っていて、「眠れる森の美女の城」の方の様ですね。

このパズルは上にも書いたように透明なクリスタルピースで組み立てて行くので、完成したパズルは反対側が透けて見える「ステンドグラス状」の不思議なアートとして飾ることが出来ます。

プラスチック製でピースもパネルも「カチッと」確りハメこむことが可能なので、【のり不要で完成させることが可能】なのが特徴です。

また、ガラスのような透明なイラストアートが特徴になるため、この「ステンドアートジグソー」では【専用のパネル(フレーム)】を使用する必要があります。 リンク先の各パズルの紹介ページある【この商品に合うパネルを見る】というグリーンのボタンを押すと、ピッタリの専用パネルを検索表示してくれるので、挑戦をお考えの方はそちらの方もチェックしてみて下さい。




【その他の関連アイテム】



ディズニーウォータードリームコンサート500スモールピース

非常に華やかな水のコンサートフェスティバルの光景のようですね。
しかしこれもクリスタルジグソーパズルなので、完成品は非常に華やかなステンドアートになると思います。 ただパズルとしてはスモールピースなので、侮れない所がありますね。




ファンタジーナイト266ピース
(ステンド・ぎゅっと)

観覧車に向かって手を繋いだミッキーマウスとミニーマウスが描かれた非常に楽しげで幸福感に満ちた絵柄になっていますね。 「ステンド・ぎゅっと」というのは普通のピースよりもコンパクトに引き締まったピース仕様になっているようで、よりクリスタルの美しさが引き立つ仕上がりになるのではないかと思います。



 
しあわせのブーケトス500スモールピース

ミッキーとミニーのウエディング会場の一幕のようです。
ミニーが投げたブーケを受け取るのは一体誰になるのでしょうか。
とても煌びやかな絵柄となっていますね。




ステンドグラスシリーズ 各266ピース

この様な透明ピースの魅力を発揮した「ステンドグラスデザイン」のパズルも出されているようですね。 完成後に後ろからライトや光を当てると非常に綺麗だと思います。




※その他にも今回掲載のパズルの取り扱いショップであるジグソークラブでは、クリスタルジグソーを始め、総合的なジグソーパズル、立体パズルなども色々と揃えられているので、挑戦をお考えの方は閲覧してみると面白いと思います。





PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]