忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
壮大な恐竜の住む大地が広がるパズル


こんにちは。


今回は「コアなテーマのパズル」ということで色々見て行く中で【恐竜】のパズルについて気になったので、そのことについての紹介をして行こうと思います。

しかしそれにしても、こういった今は存在しない【恐竜ロマン】の世界を見ていると、何だか背景舞台が「今自分達が住んでいるのと同じ地球」であることが不思議な感じがしてきます。

現代でこそ、人間の街が世界中の大地にあふれている訳なのですが、かつてはそこに広大な大地や森が存在して、見たことがない生物がうじゃうじゃしていた訳で、想像を膨らませると本当に果てしないようなスケールを感じる所です。

恐竜達は2億年程の長期に渡り地球を支配していたと言われますが、そんな絶対的な存在ですら絶滅してしまうのですから、人の世の行く末もいささか心配にもなって参りますが、そこは恐れおののいていても仕方がないので、確りと恐竜世界の魅力を味わいたい所であります。






(※該当のラインナップページへのリンク画像)

恐竜コレクション2542P
(スーパースモールピース)


上の写真にあるものが、今回取り上げている「恐竜コレクション」というパズルですが、37種類に及ぶ人気の恐竜達のイラストが一面にビッシリ揃っている絵柄で、恐竜好きの方には組み立てるのも、飾るのも楽しいパズルになっていると思います。

「最近の恐竜の絵は、自分が子供の頃に見た図鑑のものとは様子が違う」という方も多いと思いますが、結構恐竜というのは研究の末の「新説」などで特徴や姿の見解が変わったりしているようで、このパズルの絵柄も最新の研究に基づく姿をしているようです。

ただ、パズルとしては非常に難易度が高く、2542という大量のピース数だけでなく「スーパースモールピース」という通常のピースよりかなり細かいパズルなので、初心者には厳しい一品です。

絵柄になっている恐竜達の特徴に詳しい人はやはり有利になると思います。





【その他の関連パズル】



【ワイド】時を越えて1518スモールピース

恐竜達は種類によっては過酷な大移動をしなければならなかったというのもどこかで聞いたことがありますが、この絵柄の様に草食系も肉食系も一緒に大地を練り歩くようなことはあったのでしょうか。 それはともかくファンタジーがあふれる絵柄だと思います。





【ワイド】遥かなる恐竜時代1518スモールピース

恐竜の巨大さも感じる絵柄ですが、左から「三畳紀」「ジュラ紀」「白亜紀」と、3つの時代のイラストを一つの絵柄にまとめた内容になっているようです。

恐竜の他に翼竜や、魚竜などもいたりして、これらの時代は陸・海・空全てが今とは全く別の世界だったことが伺えますね。






【ワイド】白亜紀 420スモールピース

こちらは手頃でコンパクトなパノラマパズルとなっているので、今回のラインナップではチャレンジしやすいものとなっています。 「白亜紀」をテーマにした絵柄ですね。

恐ろしい感じもしますが、やはりこの時代の空気や景色というものは、一度実際に触れてこの目で見てみたくもなりますね。 ドラえもんの完成が待たれる所です。





【ワイド】ティラノサウルスVSトリケラトプス420スモールピース

よくマッチングされる両者の関係ですが、草食系の恐竜も相当な力を持っていたでしょうから、狩る側も狩られる側も命をかけた決闘駆け引きの勝負が見られたかも知れません。

トリケラトプスは時に肉食もする【雑食】の恐竜であるという見解もなされることがありますが、どちらにしろあの角と体格は肉食恐竜も恐る所だったことでしょう。





※現在の恐竜パズルのラインナップは以上ですが、今回の記事で紹介したパズルの取り扱いショップである「ジグソークラブ」では、その他にも総合的なジャンルのパズルが豊富に揃えられているので、パズルにチャレンジしてみようという方は覗いて見ると面白いと思います。





PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]