忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
並べて飾るだけで世界が広がるドールハウス


こんばんは。


11月に入って秋の深まりと冬の到来もちょくちょく感じ始めている今日この頃。

思いっきり外に飛び出して開放的な夏とはまた季節の風情も違っていて、冬は自宅にこもる時間も自然に増える分、「室内での自分や家族の時間」も大切にしたい所です。

そんな所で、今回はパズルと並んで「部屋で楽しめる趣味」というテーマで以前にもこのブログで紹介した【ドールハウス】についての掲載を行って行こうと思います。

今回は前回のものと少しタイプの違うもので、小物も全てセットで揃っていて、購入時に壁紙や装飾も十分完成品として出来上がっている【出来合い】のドールハウスです。

なので、ゲットしたら自分の好きなように並べて飾るだけでも、非常に魅力的な家や街並みの雰囲気をミニチュアを通して楽しむことが出来ます。






(該当の詳細ページへの画像リンクになっています)

ロイター ピクチャーボックス
フラワーショップ


上のものは【ロイターポーセリン】というドイツのミニチュアブランドのドールハウスで、これらの花や陶器などの小物も全てセットで付いて来ます(接着されている)し、壁や装飾も初期段階で写真のような状態になっているようです。

ミニチュア/ドールハウスというと「多少興味はあるけど、手間がやたらかかりそう」と言ったイメージがあるかも知れませんが、こういった気にいった物を飾って楽しめる手頃なものも多く、リアルでお洒落なので、インテリアとして室内に飾るのもいいのではないかと思います。




※参考画像:リーディングルーム
(ここ以下の写真は全てクリックで拡大できます)

種類もこのような住宅室内のものから、上のフラワーショップのような街のお店などを舞台にしたものも多く、飾り方で色々テーマを決めた世界を楽しむことが出来そうです。





【その他の関連ドールハウス】



 
※参考画像

「コスメティックルーム」「クリスマスミニルーム」、そして「ベーカリー」「キッチン」と、洋風の室内の雰囲気がかなりリアルに作られていて、ミニチュアにはつい、その【小さな室内の世界】に入り込んで見たくなる魅力があると思います。

ベーカリーの美味しそうなパンや、キッチンの「生活感」も忘れずに表現しているので、見ていると空想と物語が広がりそうです。




※参考画像

本屋さん雑貨店アンティークショップ、勿論その他にもいくつかショップのラインナップがあるようですが、このショーウインドウ越しな感じがこれだけで【街並】を感じさせてくれて面白いですね。 色々並べてみたくなるシリーズだと思います。
 




※参考画像

左のものは「ウォールディスプレイ ピクニック」で、ピクニックに向かうワクワク感と、何やら準備に追われて慌てた様子も伺えるような躍動感も感じる室内だと思います。

また、右のものは「掛け時計 フンメル」というタイトルの時計状のドールハウスになっているのですが、これは確りと実際の時計として使用することも可能であり、ドールハウスというよりは「ミニチュア装飾掛け時計」見たいな感じでしょうか。






※その他にも、記事で掲載したミニチュア/ドールハウスの取り扱いショップである「すぃーとあっぷるぱい」では、より総合的なグッズ/アイテムが揃えられているので、ミニチュアの世界を楽しんでみようという人は覗いて見ると非常に楽しいと思います。

また、今回の記事で取り扱わせて頂いた「ロイターポーセリン社」のミニチュアカタログ(2013年版)なども用意されているようなので、そちらもチェックすると面白そうです。

(ロイター社製のアイテムは写真とは細部の仕様/柄等が多少異なる場合があるようなので、その点はご注意下さい)




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]