忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
2014年専用パズルを組み立てる。


こんにちは。


2013年も最後の月へとやって来てしまいました。


ついこの間に夏休シーズンが終わったばかりなので非常に早く感じている今日この頃ですが、今回は【ジブリな年越しと、カレンダーパズル】について更新をして行こうと思います。

ジブリでは先日に高畑監督の「かぐや姫の物語」が公開され、テレビの金曜ロードショーでも「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」の特別放送が組まれていたり、ジブリは年中熱いですね。

そんな中このブログでは以前からちょこちょこと「となりのトトロ」「魔女の宅急便」等の絵柄でチャレンジする「2014年カレンダージグソー」についての記事を掲載していましたが、その後【風立ちぬ】版が後を追いかけるように登場したので、まずはそちらから紹介したいと思います。


今年も残り1ヶ月ということで、年またぎのチャレンジにするには今が持って来いのタイミングかも知れませんね。







(紹介サイトへのリンク画像です)

風立ちぬ2014
カレンダージグソー950P


(※時期もすぎ、2014年もたけなわとなりましたので、紹介素材の交換をさせて頂きました。 2015年版のカレンダージグソーなども現在紹介されているので、好みの人はそちらの方の情報もチェックしてみると面白いのではないかと思います。 (2014/11/23更新))


これは「トトロ」や「魔女の宅急便」のものとは少し作りが異なっていて、横長なワイドに広がっているスタイルのパズルになっているようですね。

絵柄が非常にシンプルで色分けの種類も少ないので、細部では意外と戸惑う部分もあるかも知れませんが、完成すれば来年実用的に飾れるパズルでその後記念にもなりますので、挑戦をお考えの方には是非完成を目指して頑張って欲しいと思います。




【その他の関連アイテム】


また、ジブリで新年を迎えるに当たって、以下のようなものも発見しました。


(以下の画像はクリックで拡大出来ます)

「かるた」スタジオジブリ版


これらは「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「となりのトトロ」ということで、ジブリを代表する絵柄で作られた「かるた」となっているようです。

読み上げにあわせて目標の札を一斉に探す様はどこかジグソーパズルと通ずるものもあるように思いますが、「お正月の遊び」とくれば「かるた遊び」も室内で手頃に行える定番だと思いますので、みんなで楽しむ娯楽としては面白いと思います。




「森のめぐみシリーズ」&「ジジの雑貨屋さん」


これらは「トトロ」と魔女の宅急便に登場して来る「くろねこジジ」をテーマにしている【ポーチ】【トートバッグ】などの小物シリーズで、今回の記事の取り扱いショップの「ジグソークラブ」さんではさりげなく【ジブリグッズ】として紹介されているのですが、何気に自分は魅力を感じているラインナップです。




ウォレット(財布)、貴重品入れなど。


非常に可愛らしい佇まい見えますが、よく見ると何気にオシャレな感じもして来る独特の絵柄が広がっていますね。 値段もお手頃なので、トトロとジジのファンの方には素晴らしいグッズだと思いますし、2014年はジブリの小物を愛用するのも有りかも知れません。





※その他にも、「ジグソークラブ」ではスタジオジブリ関連のパズルはもちろん総合的なジャンルのパズルを確認することが出来ますので、チャレンジしてみようとお考えの方は、色々と見て回るととても面白いと思います。

 
また、サイト内では「選んだパズルにピッタリなパネル」を確認したり検索したり、制作補助や高難度のパズルに挑戦する時に役立ちそうな「補助アイテム」などもあったりと、その辺りも色々と活用してみるのも便利でいいと思います。




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]