忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
専用パネルでジブリのミニパズルコレクションを完成させよう!


こんにちは。


ここの所の寒波模様ですっかり真冬の風が吹き荒れている今日この頃ですが、12月も中盤で今年もあと僅かとはいってもまだまだクリスマスに年越し、年末行事などとイベントが目白押しな方もいらっしゃることでしょう。 この辺が「師走」という感じが致します。


そういったところで、この記事ではまだまだ今年も最後まで熱い【12月末の年末発売パズル】について、このブログでもよく紹介させて頂いている「スタジオジブリ」の新作に注目をしてみました。

ジブリのグッズは結構コンスタントに出されているようなので、ファンも飽きる暇もなくコレクター魂を燃やして集めがいもありますね。



※この記事で紹介しているパズルは全て12月下旬に発売予定のものです。

(12月22日 この記事のパズルは全て無事に発売を確認しました。)





(該当のラインナップページへのリンク画像です)

かぐや姫の物語150Pミニパズル
(12月下旬発売:予約受け付け中)


スタジオジブリの最新作、「かぐや姫の物語」のポスターサイズのパズルとなっていますが、この150ピースのミニパズルはジブリ作品のパズルではお馴染みのシリーズとなっていて、単独で制作して飾るというのはもちろん、ジブリファンには嬉しい【コレクション用のパネル】のようなものもあったりと、趣味として取り組むにも素晴らしいパズルとなっていると思います。

どれも劇場ポスター等で見かけたことがある絵柄ばかりなので、完成するとそれぞれの作品を初めて観た時の思い出が蘇る【ジブリのアルバム】のようなパズルが完成するかも知れません。





※参考画像(クリックで拡大可)


以前にも少し掲載した記憶がありますが、上のものが150Pミニパズルを集めて一つにまとめて飾ることが出来るパネルなのですが、上の様子だと丁度空いている所に「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」のパズルを収めるとピッタリとおさまりますね。

こちらのポスターコレクションのパネルは現在発売中なので、挑戦をお考えの方はチェックしてみて下さい。 写真の中でパネルにハマっている各ミニパズルもショップで揃えることが可能です。





【その他の関連パズル】



 
魔女の宅急便 パンのリース【12月21発売】
(現在予約受け付け中)

こちらも立体パズルとしてはお馴染みの「クムクムパズル」シリーズの魔女の宅急便版という所でしょうか。 パンとお菓子で出来たリースに「ジジとリリー」が乗っているデザインとなっています。

二匹のカップリングも微笑ましいのですが、添えられているキキ「おとどけもいたします」のメッセージカードを見ると、このリースはどうやらパン屋と宅配便の看板のようですね。

そういった色々とストーリーの空想が広がるドラマティックなクムクムパズルだと思います。




 
となりのトトロ森のシリーズ【12月21日発売】
(現在予約受け付け中)

こちらもリース状に円形に形とられた「クムクムパズル」になっていますが、相変わらずノホンとした顔のトトロの両脇にはトトロの小さい仲間達も確りと立ち位置を確保している模様です。

白いウサギのような小さいのと、ドラえもんのプロトタイプみたいな青いミニトトロのようなキャラクターも、いつもさりげなく傍らに登場している感じが味のある脇役達だと思います。





※その他にも、ジブリ関連のパズルはもちろん取り扱いショップの「ジグソークラブ」では総合的なジャンルのジグソーパズルや、クリスタルパズルなどの立体パズルや補助/関連アイテムなど、全体的に豊富なアイテムが揃えられているサイトなので、パズルにチャレンジをしてみようという際には覗いて見るととても面白いと思います。



関連記事
「かぐや姫パズル」の最後のピースは竹の中に眠っている?




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]