忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。

「七福神」に「馬九行く」2014年はとにかくめでたい


こんばんは。


あっという間にXmas目前まで来てしまいましたが、ここまでくると新年を迎えるのももうあっという間に来てしまいますね。 年越しの時は【新しい扉が開いた】気分に毎回不思議となれたり、こういった「おめでたさ」に乗っかるのもまた一興です。

お正月から楽しいと、その一年いい年になりそうでワクワク感も高まりますね。

そんな所で今回はおめでたさ全開のお正月に嗜むのにもピッタリな【開運絵柄のパズル】について色々と注目してみたのですが、特に冬はインドアが快適な季節でもありますから、じっくりと趣味を深めるにはとても最適な時期です。

新しく取り組むものとしてもジグソーパズルは絵柄のジャンルも幅広く味があって、【やり甲斐/挑み甲斐】がある素晴らしい娯楽だと思いますので、参考にして頂けたらと考えています。





(該当の詳細ページへのリンク画像です)

開運宝船1000P


七福神やら何やらゴチャッと乗っかっているような趣のある宝船です。 自分は「ノアの方舟」とこの「宝船」には一度乗ってみたいと思っているのですが、この船はかなり満員のようです。

全体宝船の絵柄がダイナミックに大きく、キャラクターや目印になるものが多いので1000Pといえども「初心者も気合で制作できる」ような絵柄なのではないかと思います。

また、こういう目印の多い絵柄は家族で取り組んだりという複数人で手分けして組み立てるのにも向いていると思うので、正月の家族団欒にも向いていますね。

(※聞くところでは【宝船の絵を1月2日に枕元に入れて寝るといい初夢を見ることが出来る】という話があるみたいですが、しかしそれを試そうとして1月1日に初夢を見てしまった場合は、かなり新年早々出鼻をくじかれる形になってしまうのではないかと思う今日この頃であります。)



(ここから下の画像はクリックで拡大出来ます)

倖せいっぱい馬く行く500ピース


2014年は午年ということで、馬九行く系の開運絵柄が非常にいい味を出していると思います。 ほのぼのとした絵柄で何食わぬ感じに虹を駆けていく様子を見ていると、何だか確かに何でも「馬く行く」ような気がしてくるから不思議です。

その他にも「馬九行く」系の絵柄のパズルが多く出されているので、好みに合う人はチェックしてみて下さい。


※馬九行くの九つの運は【商売・出世・蓄財・勝負・縁談・健康・夫婦仲・農漁業・受験】






【その他の関連パズル】



福よこいこい招き猫1000ピース


ノホホン顔の七福神達と一緒に招き猫が福を招き寄せている絵柄でしょうか。

猫というのは日本人にとってもかなり身近な動物であることがこういった縁起物や神話的な絵柄からみてもよく分かる感じがしますね。 ドラえもんのような大きな鈴がとてもよく似合っている招き猫だと思います。 というか、開運系のパズルも本格的に大柄のパズルも多く出ているみたいなので、まとめて飾ると場の幸福感が凄いことになりそうです。




 
[ワイド] 富士飛鶴420スモールピース

旭日赤富士、そして鶴とこれまでめでたさ全開の縁起物絵柄となっていますが、お正月というと「初日の出」というのがまた特別な雰囲気を感じさせてくれます。

恐らく日の出というのはいつ見ても変わらず美しいものなのだと思いますが、改めて注目することで見える美しさというものもあると思いますし、それを味あわせてくれるのが「初日の出」な気がしています。富士と旭日で非常に日本らしい風景絵柄ですね。






※その他にもジグソークラブでは縁起物/開運系のパズルを始め総合的なジャンルのジグソーパズルや関連のアイテムが色々と揃えられているので、パズルへのチャレンジをお考えの方は覗いて見ると非常に楽しいと思います。 



関連記事
運が開ける福招きパズル。




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]