忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
2015新春に挑戦するのにもピッタリ。


こんばんは。


分かっていたものの師走に入ったかと思ったらあっという間にもうXmasです。 そして、それが終わると間髪入れずに今度はまたすぐにカウントダウンが始まってハッピーニューイヤーな訳ですから、本当に時間の流れは忙しないものであります。

寒さもひと段落ついたかと思ったらまた冷え込んでみたりと荒れていますが、それでも新年を迎えればまた何かが変わりそうな感じがしてワクワク感がわいてくるのが不思議なもので、今回はそういった所で【新年の開運を祈って楽しめそうな絵柄のパズル】に着目してみたので、それらについての掲載をして行こうかと思います。








(該当の作家絵柄のラインナップページへの画像リンクです。)


大開運十全図 1000P


上の画像に載っているのが、確か以前にもこのブログでも一度取り上げさせて貰ったことのある【御木幽石】氏の絵柄のパズルなのですが、七福神に十徳地蔵、鯛に鷹に茄子に富士にとめでたさが詰まった内容が何ともほのぼのとした画風で描かれた見ていると面白いイラストパズルとなっていると思います。 新年一発目に挑戦するパズルとしてもよさそうです。





にのった七福神108P


これも「御木」氏のイラストパズルとなっているのですが、108Pとポストカードサイズなので、作ってデスクの上や棚の上にちょこっと飾って置きたい場合にピッタリだと思います。 個人的に龍のおどけた感じの表情が妙に生き生きして見えて面白い感じがします。





七転び八起き500P/幸せ歴1000P


これらも「御木」氏の絵柄パズルで、どちらも作り甲斐のあるパズルとなっていると思います。七転び八起きの絵柄を飾って去年転んだ分余計今年起き上れるように頑張ってみるのもいいですし、幸せ歴のように一年中飾っていられる暦調のイラストパズルも非常に楽しそうです。






【その他の関連】


※該当のサイトの「イラスト」カテゴリーから各作家名のリンクをチェックすることで、様々な作家柄パズルをチェックすることが可能です。



 
笑門来福 七福神 300P


こちらは【諏訪原 寛幸】氏の絵柄パズルとなっていますが、非常に濃ゆい感じの絵柄どことなくナウいノスタルジックな味わい深い雰囲気も個人的に感じる所で、300Pなので初心者の方が挑戦するのにも非常手頃なパズルとなっていると思います。




 
松鷹富士 450P


これは【原井加代美】氏の絵柄パズルとなっていますが、非常に迫力のある鷹の表情と背後の富士が何とも優雅な雰囲気を放っている絵柄な感じが致します。450Pとこれも初心者の方にも適度なサイズのパズルなので、一発目のパズルとしてもいいのではないかと思います。




 
西方白虎 450P


これも原井氏の絵柄パズルとなっていますが、この白い虎もおめでたい生き物として正月パズルに十分だと思いますが、繊細な感じと力強い感じの混ざり具合が絶妙で不思議な躍動感のある絵柄だと思います。 鷹の絵柄を対にして並べると対決感が半端なくなりそうです。


(その他、正月に楽しむ為のパズルを探す際には【安川眞慈】氏や【石川真理】氏の作家絵柄パズルを確認してみると七福神や干支招き猫などのユニークでいい感じのイラストパズルをチェックすることが可能です。)





※その他にも、「ジグソークラブ」では総合的なパズルや補助アイテム、関連備品、玩具など色々とチェックすることが可能なので、パズルに挑戦してみようという方は探索してみると非常に面白いのではないかと思います。 また、各パズルの詳細ページの中ではクリックで【該当のパズルにピッタリのパネルの一覧を表示】する機能が備えられている(復活)ので、購入をお考えの人は活用してみると便利です。



関連記事
開運ジグソーで新年を迎える



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]