忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。

簡単に制作可能な立体パズルで、自分だけの街を創る


こんにちは。


今日も非常に肌寒く、椅子に座っていると足元が冷えるのですが、タオルケット等で足元を温めても今度はピンポイントで腰辺りが冷えたりと何かと苦戦しております。

そんな時間帯によって「そろそろストーブなどの暖房の暖かさが恋しくなって来る」今日この頃なのですが、今回の記事では【街を作る立体パズル】についての更新をして参りたいと思います。

先日の記事の中では「ミニチュア」についての記事投稿も行ったのですが、立体パズルではより簡単にリアルで立体的な建物の模型を組み立てることが出来るので、【ミニチュアには興味があるけど、正直苦手であんなに手のこんだことは出来ない】という方にも安心して制作できるものです。

「手軽な内容のコレクション」として楽しむのに非常に適しているジャンルだと思います。

(この記事の画像は全てクリックで拡大表示することが出来ます。)






3D立体パズル Xmas House
「クリスマスハウス」53P


上の写真に載っているのは、サンタさんがやって来る「クリスマスハウス」ということで、「煙突付き」の今これからの時期にピッタリの立体パズルだと思います。

のりやハサミを必要としないので、手を汚すこともなく簡単に組み立てることができるのが特徴で、このパズルでは更にハッピークリスマスを楽しむ為に【点滅LED】の装置も付いてくるようです。 (電池は別売です)

パズルを楽しみつつ、もう少ししたらクリスマスツリーと一緒に飾るのも楽しいと思いますし、作るだけでなく「飾る楽しさ」というのもパズルの醍醐味で、この【3D立体パズル】は見た目も綺麗でリアルなものが多いので、飾り方によっては上でも書いたように「パズルで街を作る」ことも可能なくらい素晴らしいカテゴリーアイテムだと思います。




【その他の関連パズル】



「ティーハウス」「サンドウィッチショップ」「工房」

ヨーロッパ各国の建物を形どった立体パズルが色々と揃っていて、ただ建物のパズルを組み立てるというだけでなく【街での人々の生活と文化】というものを織り込んだ豊かな模型の世界を楽しむことが出来るのが、非常に魅力的だと思います。





「民家」「波止場」

これらのシリーズではモデルとなっている建築物の国籍が分かるように国旗がついていたりするので、好きな国のシリーズを集めて飾るというのも楽しいかも知れませんね。

上の二つはイタリアのアパート的な民家と波止場のパズルとなっているようですが、建物が立っている地面部分まで描かれているので、「地理的な特徴」も捉えた模型になっていますね。





「グロッサリー」「別荘」

上の写真のものはドイツのショップにイギリスの別荘と、やはり国の違いで建物の雰囲気も少しずつ違う感じがして面白いですね。 そしてそれを分けて飾るのか、それともミックスして多国籍的な街に飾り上げるのかも、作り手次第ということで、楽しみ方も色々と選択枝があると思います。





「ラーメン屋台」「居酒屋」「和菓子屋」

そして忘れてはならないのが、こういった【和風の建物】です。

丁度今頃のちょっと冷え込む季節に、コートを着込みながら屋台のラーメンをすするという最高の情景が浮かんできそうですし、居酒屋は「大人のオアシス」で、立体パズルの街を作る場合には外せない魅力を感じる所であります。




※その他にも、色々と関連を辿って行くと、「ホテル」「ビアホール」「カントリーハウス」などの街のパーツになりそうな建物や、または以前にも投稿した「世界遺産/有名建築」または「船/客船」などのパズルなども合わせて色々と飾ると楽しそうです。

立体パズルにチャレンジしようかという方は色々と見て回ると面白いと思います。
(今回のリンク先はアマゾンとなっています)




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]