忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あの世界の観光地や歴史ロマンあふれる建築、動物、遊園地など、不思議な世界を組み立てて飾れる。


こんばんは。


遅いですが、新年あけましておめでとうございます。


正月は何かと手間のかかることが多くなかなかこのブログの更新を行うことが出来ませんで、はやいもので気が付けばもう年明けから10日程が過ぎ去ってしまいましたが、厳しい冬は今後も増していく訳で今しばらくは【コタツシーズン】が続くであろう今日この頃。

ぬくぬくしながらテレビで丁度開催しているサッカーの「アジアカップ」などで熱狂したり、今日から放送が再開される英国貴族系ドラマの「ダウントン・アビー」を楽しむもよしですが、そういった楽しみなものを見終わった後の閉塞感というのもまた厄介で、今回もそのような場合に手元で熱中できるグッズとして「3Dペーパーパズル」というものに注目して行きたいと思います。







3D Tokyo塔ペーパーパズル50P



上の写真に載っていものが今回紹介させて貰っている「立体パズルDIYジグソーパズル」というものなのですが、ご存知の通りかなり立派な【東京タワー】をペーパーパズルで組み立てることの出来るというものとなっています。完成時の高さは62㎝にも及ぶので、飾ると結構な模型としての存在感も発揮してくれると思います。

形状から言って糊などは不要で組み立てられるものに間違いなさそうですが、できれば詳細ページでの「商品説明」には「子供への影響や作用がどうこう」よりも、パズルとしてどんな仕様なのか、「必要な道具などはないのか」という部分を明記して頂けるとありがたい感じがします。買ってみて「あれが必要」だとかいう話になるのは最悪ですし、初挑戦の人は当然知りません。







【その他の関連】



(以下の画像は全てクリックで拡大することができます)





こちらも上の東京タワーと同じシリーズのものですが、立体パズルではスタンダードな【世界建築系】のパズルとなっています。フランスの 「パリスエッフェル塔」 や 「ノートルダム大聖堂」。 「オランダの風車」 にバチカン市国の 「サン・ピエトロ大聖堂」 など、非常に壮大な建築群を組み立てて飾ることができます。 他シリーズで同様の建築物のパズルを制作したことのある人は並べて飾っておくのも面白そうですね。








これらは何やら昔の西洋のお城か砦のようなものを模したものでしょうか。ファンタジックな空想も含まれているような感じもしますが、どこの何かが明確でない分組み立てて飾れば空想の羽を広げて不思議な冒険気分を味わえるかも知れません。







これらもまた歴史ロマンが溢れる感じの【昔の船】の形をしたペーパーパズルとなっているようで、いろいろなスタイルど帆が張られた「帆船」であったり、大人数でオールで漕いで進んだりするタイプの船など、大海原の大冒険を連想させる非常に味のあるシリーズとなっているようです。







※今回のパズルは 「TITI 立体パズルDIYジグソーパズル 3D ペーパーパズル 」 というワードで検索をかけた際に出てくるグッズの中から掲載を行わせていただきました。この他にも関連を辿ることで色々な立体パズル。ペーパーパズルなどを確認することが出来るので、何かお探しの人や挑戦をお考えの方は色々と探索してみると非常に面白いと思います。






PR

2015新春に挑戦するのにもピッタリ。


こんばんは。


分かっていたものの師走に入ったかと思ったらあっという間にもうXmasです。 そして、それが終わると間髪入れずに今度はまたすぐにカウントダウンが始まってハッピーニューイヤーな訳ですから、本当に時間の流れは忙しないものであります。

寒さもひと段落ついたかと思ったらまた冷え込んでみたりと荒れていますが、それでも新年を迎えればまた何かが変わりそうな感じがしてワクワク感がわいてくるのが不思議なもので、今回はそういった所で【新年の開運を祈って楽しめそうな絵柄のパズル】に着目してみたので、それらについての掲載をして行こうかと思います。








(該当の作家絵柄のラインナップページへの画像リンクです。)


大開運十全図 1000P


上の画像に載っているのが、確か以前にもこのブログでも一度取り上げさせて貰ったことのある【御木幽石】氏の絵柄のパズルなのですが、七福神に十徳地蔵、鯛に鷹に茄子に富士にとめでたさが詰まった内容が何ともほのぼのとした画風で描かれた見ていると面白いイラストパズルとなっていると思います。 新年一発目に挑戦するパズルとしてもよさそうです。





にのった七福神108P


これも「御木」氏のイラストパズルとなっているのですが、108Pとポストカードサイズなので、作ってデスクの上や棚の上にちょこっと飾って置きたい場合にピッタリだと思います。 個人的に龍のおどけた感じの表情が妙に生き生きして見えて面白い感じがします。





七転び八起き500P/幸せ歴1000P


これらも「御木」氏の絵柄パズルで、どちらも作り甲斐のあるパズルとなっていると思います。七転び八起きの絵柄を飾って去年転んだ分余計今年起き上れるように頑張ってみるのもいいですし、幸せ歴のように一年中飾っていられる暦調のイラストパズルも非常に楽しそうです。






【その他の関連】


※該当のサイトの「イラスト」カテゴリーから各作家名のリンクをチェックすることで、様々な作家柄パズルをチェックすることが可能です。



 
笑門来福 七福神 300P


こちらは【諏訪原 寛幸】氏の絵柄パズルとなっていますが、非常に濃ゆい感じの絵柄どことなくナウいノスタルジックな味わい深い雰囲気も個人的に感じる所で、300Pなので初心者の方が挑戦するのにも非常手頃なパズルとなっていると思います。




 
松鷹富士 450P


これは【原井加代美】氏の絵柄パズルとなっていますが、非常に迫力のある鷹の表情と背後の富士が何とも優雅な雰囲気を放っている絵柄な感じが致します。450Pとこれも初心者の方にも適度なサイズのパズルなので、一発目のパズルとしてもいいのではないかと思います。




 
西方白虎 450P


これも原井氏の絵柄パズルとなっていますが、この白い虎もおめでたい生き物として正月パズルに十分だと思いますが、繊細な感じと力強い感じの混ざり具合が絶妙で不思議な躍動感のある絵柄だと思います。 鷹の絵柄を対にして並べると対決感が半端なくなりそうです。


(その他、正月に楽しむ為のパズルを探す際には【安川眞慈】氏や【石川真理】氏の作家絵柄パズルを確認してみると七福神や干支招き猫などのユニークでいい感じのイラストパズルをチェックすることが可能です。)





※その他にも、「ジグソークラブ」では総合的なパズルや補助アイテム、関連備品、玩具など色々とチェックすることが可能なので、パズルに挑戦してみようという方は探索してみると非常に面白いのではないかと思います。 また、各パズルの詳細ページの中ではクリックで【該当のパズルにピッタリのパネルの一覧を表示】する機能が備えられている(復活)ので、購入をお考えの人は活用してみると便利です。



関連記事
開運ジグソーで新年を迎える




風情のある寒さを感じつつ楽しめる。



こんばんは。


今回は個人的にではありますが【冬の風情を感じながら作って飾って楽しめそうな立体パズル】について色々と見てみたのでそのことについての掲載をして行こうと思います。

ここの所は寒波の影響もあって一気に冬の空気になって来た所この身の凍るような寒さというのもまた冬の風情で、去年も書いた気がしますがそんな中で暖をとりつつパズルを制作するというの非常に情緒ある至福の時間を過ごせそうです。





上の写真のパズルがまず今回最初に気になった立体3Dパズルの【スキー小屋】というタイトルのパズルなのですが、建物の傾きや雪の質感も去ることながら、「遠くの雪山」「目の前の雪の坂道」そして山小屋に崖と非常にその場の情景の空気間を感じることのできる味のある立体パズルだと思います。 糊などは不要でつくることができる手軽なタイプのものですが、出来上がりを飾ると結構本格的なインテリア感を発揮してくれそうです。




 
※クリックで拡大可能です。

リンクから詳細ページへ行くと「青いお城」のページへ移動するのですが、そのシリーズラインナップの中から上に紹介した「スキー小屋」のパズルも選択することが可能となっています。 また、この「青いお城」の方もまるで「中国のディズニーランドっぽい遊園地」を作る際に建てられそうな「張りぼてのお城感」が寧ろコミカルな感じを出したお城だと思います。 






【その他の関連】







上のパズルは同じく「青いお城」のページのシリーズランナップから確認することができる【海の家】というパズルなのですが、このパズルも何だか冬の景色が似合う趣のあるパズルだと思います。 奥の方にある赤い船も雪のチラつく海原を進む姿を思い浮かべると非常に渋くキマリそうで、極寒の冬の海辺の感じをどこか感じるパズルです。
 






立体ジグソーパズル ディズニー
シンデレラ城 200ピース/400ピース


また、お城繋がりか関連のパズルを見てみると某夢の国の【シンデレラ城】の立体パズルもあるようですが、このお城も雪と結晶を思わせる水色屋根のせいか冬の景色にピッタリハマりそうな雰囲気を持っていると思います。ディズニーランドではXmas関連のイベントもやっているでしょうし、自分は経験がないですが雪のチラつくディズニーランドというのもかなり雰囲気が出そうです。

こちらのパズルはやや素材がソフトな作りになっている部分でやや耐久性や組み立てに難を感じる声も上がっているようなので、挑戦をお考えの際にはレビューの声というのも確りとチェックした上で判断するのがいいと思います。

サイズについては何故か頑なに書いてないですが、調べた所200ピースの方は(約幅27㎝/奥行約19㎝/高さ35㎝)で、400ピースの方もほぼ同規格のパズルで同じくらいの大きさだったので、400ピースの方が難易度が上がる分多くのパーツで支えられる分仕上がり後の耐久性は上がりそうです。)






【番外関連】



 
DIYジグソーパズル3Dペーパーパズル/3D立体パズル揺れる海賊船/
3D立体パズルウォーターパークAmazonジャングル探検


こちらは冬景色うんぬんは全く関係ありませんが、【観覧者】【海賊船】【ジャングル探検】等と楽しそうな遊園地のアトラクションを表現した立体パズルとなっているようで、実際可動部分もあって、海賊船をスイングさせたりと遊園地らしい遊び心も効いたパズルとなっているようです。 ノリやハサミはもちろん不要で、これなら子供達も楽しんで取り組めそうな題材だと思います。

また、このアトラクション型の立体パズルは他にも別の種類も存在するようなので、色々集めて上の方で紹介した「シンデレラ城」と合わせて飾れば【あなただけのネズミの夢の国】が見えてくるという訳であります。






※もちろん関連を辿ることで、ここに掲載したもの以外のパズルについても色々と確認することができるので、この冬のコタツ上の娯楽を探している人は色々と探索してみると非常に面白いのではないかと思います。 

 




透明感と光のアートを楽しむSHU氏の「プレイズムアートパズル」


こんにちは。


そろそろ冷え込む時間帯は暖房無しではやってられなくなって来たという方もいらっしゃる頃かと思いますが、このひんやりとする夜の長い季節には何とも【キラキラしたアート】がよく映える季節なのではないかと思います。 Xmas装飾しかり、光を反射する雪景色しかり、厳しい冬の中にも自然と文化が織りなす幻想的な光景が非常に味わい深い時期ですね。

そんな所で今回は、以前にも少し掲載させて頂いた記憶のある、CG作家【SHU】氏の作品を形どるジグソーパズルについての掲載をして参りたいと思いますが、少しずつパズルを組み立てながら制作を行うことで、不思議で美麗なイラスト世界を冒険しているかのようなファンタジー路線が好きな人には飾ることはもちろん、組み立てる楽しさも大いに味わえることと思います。





ジグソーパズル/SHU特集ページへ移動。



アリス ロージュ 108~1000P

上の絵柄は代表的なキャラクターである「アリス」の世界を映した絵柄となっていて、よく見ると白兎やチェシャ猫、女王等といった不思議の国のキャラクターもチラホラと登場しているのがうかがえますが、非常に淡く、それでいて奥行のあるイラストになっているので、完成後に飾ると非常に立体感のある壁飾りとしてたのしむことが出来ると思います。

サイズは108ピース/300ピース/1000ピースとそれぞれ希望する難易度や大きさによって選択することが可能となっています。

【ピース/サイズ】
108ピース:182×257mm
300ピース:260×380mm
1000ピース:500×750mm





【その他の関連】


それで、今回特に注目して見たのは「ネオクリスタル」という透明ピースを利用したパズルシリーズの【プリズムアートパズル】というものについてで、これは「ピースが光にきらめく」という透明ピースの特徴を利用して楽しむ糊不要のクリスタルパズルで、完成後は後ろから光を通したりライトアップしたりということが可能です。

※以下、全てサイズ「182×257mm」のプリズムアートパズルについて
(すべてクリックで拡大表示が可能です)




アリス リドゥ

これもアリスの世界を描いたプリズムアートパズルで、奥から黄金色の光と手前に暗闇という光りの流れが絵柄の中でも表現されているので、こういったクリスタルパズルにはとても最適の絵柄かも知れないですね。



 
ドルチェ

シンプルなドレス姿の女の人と翼の生えた天使っぽい人。そして差し込む光と星空という何だか宇宙を感じるような絵柄ですが、「ドルチェ」という言葉は【甘い、甘美な、優しい、柔らかい】などの意味のあるイタリア語の言葉で、女性の褒め言葉としても使われているそうです。
(Wikipedia)



 
アルカナ ブラン

草花が溢れる世界に佇む少女とハト。背後からは光が差し込めるという非常に不思議な世界ですが、こちらもクリスタルパズルで楽しむには奥行と透明感があってよさそうですね。 「アルカナ」というのはラテン語で「秘密」「神秘」といった意味合いを持つ言葉のようですが、その両方を何となく感じる絵柄だと思います。



 
彩葉廻‐いろはめぐり‐

これは月夜の光を感じるような色合いが非常に味わい深い感じで、袴姿の女性が奥に手前にと桜に囲まれた中を佇むように歩いている様子が非常に不思議な味わいを発揮しているようですが、こちらもよく見ると光と影の交わりや動きのようなものが全体的に表現されているようで、プリズムアートパズルにはとてもいい絵柄だと思います。





※「ジグソークラブ」に行くと、その他の「SHU」氏作品のパズルや総合的なジャンルのジグソーパズル/立体パズル/関連グッズについても確認することが出来ますので、挑戦をお考えの人は色々と探索してみると面白いのではないかと思います。


なを、該当のサイトがリニューアルしたことによって発生している当ブログのリンク等の不具合は、数がかなり多いので、今後段階的に更新を行って修正して行きたいと思います。



関連記事
暗闇で光る蓄光美麗パズル




[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]