忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


毎年の恒例チャレンジにするのも楽しそうです。


こんにちは。


9月突入でまだ残暑は所どころ残るものの、秋の雰囲気が増してきた今日この頃。 聞くところ明日は「中秋の名月」ということで十五夜お月様を見上げてみようという方もいらっしゃることでしょう。 今年もこれからは終盤期に向かって行く訳で、本当に2014年も夏が過ぎると残りはあっという間に過ぎて行ってしまいそうな感じが致します。

そんな所で今回は 「そろそろ翌年に向けて、2015年のカレンダーパズルについて見てみよう」 ということで、新年を面白くしてくれそうな楽しげなパズルに色々と着目してみたので、そのことについて取り上げさせて頂こうと思います。





2015年カレンダー特集、該当の詳細ページへ



星に願いを1000P


熱く抱き合うミッキー&ミニーを中心にドナルド、グーフィーなどのディズニーキャラクターが登場する煌びやかな「カレンダージグソーパズル」となっています。 大きくて本格的、それでいて「大変だけど、初心者でも気合でなんとか乗り越えられる」という通常1000ピースサイズなので、やりがいと飾りがいのあるジグソーになっていると思います。 皆で取り組むパズルとしてもピッタリです。

ただ絵柄としては全体淡く難易度が高そうにも見えますね。

明確な仕分けポイントとしてはカレンダー部分があると思いますが、その他のキラキラ部分は色合いもあちらこちらで重複しているので、まずは実線的に描かれているキャラクター部分を目印に組み立てて行くのも一つかも知れません。





【その他の関連】


(以下の画像は全てクリックで拡大することが出来ます。)



2015 ピーナッツカレンダー1000P


【スヌーピー】
達がピクニックをしていたり、海水浴に来ていたり、ハロウィンクリスマスを祝っていたりとカレンダー+4つのイラストからなる豪華な絵柄になっています。

イラストアートは全て描き下ろしということで、スヌーピーはじめ「ピーナッツ」のファンの人にはとても貴重な記念パズルにもなっていると思います。 カレンダーパズルというと年が過ぎればお役御免という印象もありますが、寧ろ毎年挑戦して部屋に勲章のように何年分も並べて飾って行くのもコレクションとしては乙なものだと思います。





となりのトトロ 2015年カレンダー1000ピース(9/13発売

※こちらは2014年9月13日発売のパズルです。


これまたトトロの季節をテーマにしたキュートな4つのイラストが添えられたカレンダーパズルとなっているようで、飾ると劇中のととろとはまた少しトーンの違う絵柄を楽しむことができると思います。 パズルとしては一見易しげですが、カレンダー部分は基本同じように数字が並んでいるだけなので結構曲者かも知れませんね。





ポケットモンスターXY 2015年カレンダージグソー(9/13発売

※こちらも9月13日発売で記事投稿直後はまだ発売されていないので注意して下さい。


ポケットモンスターというと自分は初期のゲームをやっただけなのですが、今や世界的知名度を誇る日本を代表するビッグタイトルとなっていますね。 そういった意味ではポケモンファンの海外の友達がいる場合はクリスマスプレゼントに送るのにもいいかも知れません。 また、上に紹介したパズルと違ってこれは【500ラージピース】となっているので、より作り易くなっています。 

ラージピース:通常のピースより大き目に作られています。





ハッピーメモリーズ(万年カレンダー)837P


これは少し面白くて 「カレンダー部分が組み替え可能になっていて、いつまでも使うことができる」 というアイデアカレンダージグソーとなっているようです。 その年限りのパズルをコレクトするのも楽しいですが、ずっとカレンダーとして愛用できるものというのもよさそうですね。





トイストーリーの世界へ/モンスターズユニバーシティへようこそ!


これらもそれぞれ837ピースで、ディズニー映画でお馴染みの「トイストーリー」「モンスターズ」の世界を映した絵柄となっています。 人間界とは少し違った視点で繰り広げられるファンタジーを想像しつつ、完成すれば万年カレンダーとして愛用することが出来ます。






※その他にも、ジグソークラブでは幅広く総合的なジャンルのパズルをチェックすることが出来るので、ジグソー/立体/パネル/補助アイテム/関連玩具などこの秋からチャレンジをして見ようという人は色々と探索してみると面白いのではないかと思います。



関連記事
アートクリスタル、トトロの森便り(ジグソー)




PR

地球を飛び出したスペースアドベンチャーを部屋に飾ろう。


こんにちは。


8月も終盤となり、まだまだ暑さは残るものの9月にもなればどんどん季節は秋へと移り変わって行きますね。 この間に夏になったばかりなのに、季節の移り変わりとは速いものです。

ただこれからの「秋」や「冬」という季節は【芸術の秋】【読書の秋】等と言われるように、非常に思索に耽ったり暖をとりながら机の上で細かな作業に没頭するのに適していたりと、パズルを楽しむには最適の季節ではないかなと思います。

そんなところで今回はいつも紹介するものよりも「やりがいのある」すこし難易度高めの立体パズルシリーズについて着目してみたので、それについての掲載をさせて頂きます。








上の写真にあるものがまず最初に紹介したい【アポロ月着陸船】です。

みなさんご存知のように、アポロ11号が月面着陸を果たした際に使用された着陸船を精巧に模したパズルとなっていますが、このパズルは「メタリックナノパズル」というシリーズのもので、作業が細かく作業工程も多くなりがちな為に、ナメてかかるとかなり苦戦する恐れがあります。

ただ、その分完成した時の達成感も大きく、チャレンジする楽しさを味わえる立体パズルと言えそうです。 【タブ】と言われる接続部分をハメ込みながら固定して組み立てて行く作りとなっていて、「ラジオペンチ」「ハサミ」「ピンセット」等を用意して制作にあたります。


接着剤
は基本不要です。 しかし、制作中に部品が破損した場合も考えて初心者の場合は携帯しておくことを推奨する声もあるようです。 完成品はサイズが明記されていないものも多いですが、目安としては「手のひらサイズ」の仕上がりになるシリーズです。





【その他の関連】


(以下画像は全てクリックで拡大可能です)



はやぶさ/スペースシャトルアトランティス


日本が誇る「小惑星探査機はやぶさ」スペースシャトルと、実際の宇宙を舞台に活躍している両機のナノパズルも出されているようで、その精巧でリアルな作りには目を見張るものがあります。 超精密レーザーカットによるハイクオリティでメタリックなボディは完成後に飾るととてもきれいなオブジェとなります。





スターウォーズのメタリックナノパズル
 
TIEアドバンストX1/AT-AT/R2-D2/ファルコン号


今度は宇宙を舞台にしたファンタジーの方ですが、上の写真のように「スターウォーズファン」には見逃せないこちらも非常にリアルなナノパズルが出されているようで、観た感じやはりR2-D2はかなり人気があるようですね。 個人的にはAT-ATが気になるところです。 メタリックナノパズルは価格的に600円~1000円ちょっとくらいとお手軽なので、コレクションにもピッタリですね。






【最新情報】



 
機動戦士ガンダム(8/31発売)ザク(9/6発売)


これらは記事投稿時点ではまだ発売されていないものなのですが、非常にファンも多いアニメシリーズガンダムのナノパズルとなっていて、やはりこの精密さとメタリックボディの輝きがよりガンダムの機体を魅力的なものに映しているように思います。 ファンの方は通常のプラモなどにはない魅力が溢れたアイテムだと思うので、一つ注目してみると面白いかも知れません。





※その他にも「メタリックナノパズル」シリーズはより幅ひろいジャンルのパズルがどんどんと出されているようで、種類もかなり多いこともあり、今後も色々と取り上げさせて頂くことがあるかも知れませんが、好みの人には非常に豊富な選択肢のあるパズルなので、挑戦をお考えの方は関連を辿ってみると楽しいと思います。






ノリの要らないキラキラ透明ピースでドラワールドを楽しむ。


こんにちは。


この夏は注目の映画がいくつか公開になるので、各作品のファンの方には非常に熱い夏となっていることと思います。 先日の記事で取り上げさせて頂いた「思い出のマーニー」や日本発のモンスター映画「ゴジラ」などもそうですし、もうまもなく公開される初の3DCGアニメという挑戦を行っている【STAND BY ME ドラえもん】も非常に注目が集まる所です。

そんなところで今回はその「ドラえもん」関連のパズルについての掲載を行っていきたいと思うのですが、最近では【ネオクリスタル】というクリスタルピースで作る「透明パズル」が登場して来ているようで、通常のジグソーとはまた違った楽しみをパズルの世界に与えてくれています。







(※該当の詳細ページへのリンク画像となっています。)

バイバインでいっぱい!?300P



上の絵柄のパズルも冒頭で紹介した【ネオクリスタル】パズルとなっているのですが、これは透明で柔らかい「マジカルピース」と呼ばれるピースを組み合わせて制作して行くもので、ピース同士をカチッとハメ込むことが可能な作りになっている為に糊付けの必要なく完成させることが可能となっています。 また、完成させたパズルは反対側からも透けて見える状態なので、ライトアップしたり光を通すことでキラキラとステンドアート的なものを楽しむことも出来ます。

絵柄になっている【バイバイン】というひみつ道具は「好きなものに一滴垂らすと5分置きにその物の数が倍に増えて行く」という優れもので、恐らくは【バイバインでどら焼きの数を増やし続けたものの食べきれなくなっちゃった】というストーリーになっていると思います。 (バイバインの効果を解くには食べないとイケない。)





【その他の関連】


(以下の画像は全てクリックで拡大することが出来ます)


飛び出せ!キャラクター(ネオクリスタル版)300P


この絵柄のパズルは以前に1000ピースの通常版ジグソーパズルを取り上げた記憶があるのですが、今回は上に紹介したパズルと一緒に7月10日にリリースされたネオクリスタルパズル版となっています。 パーマンやキテレツ、エスパー魔美など、ドラえもんの父で今年生誕80周年記念を迎えた「藤子・F・不二雄」先生のキャラクター達が一緒に登場しています。





みんななかよし!/ぼく、ドラえもん!各150P


こちらはクリスタルジグソーではなく通常仕様のジグソーで、150ピースのミニパズルとなっています。 左側のパズルは単行本柄風にデザインした仲良し4人組+ドラえもんとドラミちゃんという主要キャラクターが揃ったほのぼのとした絵柄で、右のパズルはドラえもんが「やあ!」と走り寄って来たかのような愉快な印象も受けます。





【最新情報9月中旬発売予定】



 
DRAEMON SECRET GADGET 300P(9月中頃予定


こちらは今年9月に発売予定のドラえもんの秘密道具が背景に絵がれた新作パズルなのですが、こちらも上の方で紹介した【ネオクリスタル】パズルとなっています。 該当のサイトでは8月11日から予約の受付を行うということも書いているので、好みの人は楽しんでみるのも一興だと思います。 9月というと秋に差し掛かる頃なので、アートクリスタルジグソーで芸術の秋を満喫できるかも知れません。





※その他にもジグソークラブではその他のドラえもんパズルを始め総合的なジャンルのパズルが豊富にそろっているので、パズルに挑戦してみようという人は色々見てみると面白いと思います。 通常のジグソーのほか、立体パズルや関連の玩具なども確認出来ます。






「海はいいなぁ」としみじみ感じることができる立体パズル。


こんにちは。


最近は暑さが容赦ない感じになって来ましたが、夏と言えばやはり水辺で楽しむアウトドアがとても盛んな季節で、広がる海の壮大さに触れる機会も多い非常に楽しいシーズンだと思います。 もちろん山や川での遊びも味わい深いものがあって 「今年は山か海か」 と毎年のように迷っているという人も中にはいらっしゃるかも知れませんね。

しかし思っているだけで実際はインドア派だったり、何気に夏も忙しくて遊べそうになかったりして 【それでも何かしら夏を感じたい】 という人も当然いるでしょうし、今回はそういった場合に遊ぶと非常に楽しいのではないかと思う 【海】【海外旅行】【工作】 気分をいっぺんに満喫できそうな 「立体パズル」 を発見しましたので、それについての掲載をして行こうと思います。







サントリーニ島129P


上のパズルが今回最初に紹介しようと思うギリシャのサントリーニ島を模した大スケールの立体パズルで、崖に沿うように並ぶ白壁の建物と眩しく豊かなブルーの海が地中海の雰囲気を存分に味あわせてくれるパズルとなっているようです。 この「3D立体パズル」シリーズはこのブログでも度々紹介しているのですが、このサントリーニ島のパズルにおいてもいつもの様に 【ノリやハサミが不要】 で組み立てを完成させることができる 「パキパキパズル」 なので、初心者の人でもすぐに取り組める素晴らしいシリーズだと思います。

ただ今回のパズルは129ピースでサイズが 【39×33×27㎝】 と大型サイズの仕様なので、それなりの時間を要する(レビューでは半日)と考えた方がよさそうです。 しかし作りが細かく完成もダイナミックな分十分に観光気分と工作気分を味わえそうです。 長い様であれもこれも出来ないのが夏でもあるので、今年の海外旅行はパズルで過ごすというのもいいかも知れません。





【その他の関連】


(以下の画像は全てクリックで拡大することができます。)


 
ベルゲン市内のブリッゲン 44P

北欧はノルウェーの世界遺産の倉庫群「ブリッゲン」を模した立体パズルで、これも同じようにハサミもノリも使わずに組み立てることが可能で、上のサントリーニ島のものよりも一回り小柄でP数も少ないまさに初級パズルとして手軽に取り組むことのできるパズルとなっているようです。 川辺に浮いているボートが何とものどかな雰囲気を出していると思います。





ブルージュ マルク広場 45P

ベルギーの世界遺産ブルージュ(ブルッヘ)地区の広場の様子を模したパズルで、夏は水辺のみならず観光にもピッタリの季節で、作ってみると非常に楽しめるのではないかと思います。 やや手前に添えられている車の張りぼてが微妙ではありますが、縦に大きな三角屋根と優雅なレンガ調の伝統的なたてものの雰囲気が確り出ているように感じます。
 





フィオーレ大聖堂 123P

現在の所サントリーニ島のパズルと合わせて購入される方が多いという、イタリアのフィレンツェにあるカトリック教会の立体パズルで、123Pとこれもサントリーニ島パズル同様に大型の立体パズルとなっているようです。 教会や聖堂というのは建築の文化や美術が詰め込まれているので見れば見る程味のある魅力がありますね。





※その他にも、関連を辿ることで色々な3Dパズルや関連パズルについての情報を確認することが可能だと思うので、好みの人やパズルへの挑戦をお考えの人などは色々と見て回ると何かいい発見があるかも知れません。 このブログでも立体パズルやペーパークラフトという部分は積極的の掲載をさせて貰っているのですが、色々とこういった町の模型をコレクションして自分だけの都市を作ってしまうというのも夢のある(寧ろ夢しかないですが)面白い娯楽にとして楽しませてくれそうです。






[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]