忍者ブログ
ジグソーから3D/4Dまで、パズルを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大地を駆け巡る躍動感と、空に浮かぶ浮遊感を味わえるパズル。


こんにちは。


まだ朝と晩は冬の空気が残るものの、日中はそれなりに寒さが緩くなって来たのを感じる今日この頃。 今回はタイトルの通りには【スタジオジブリ】に関する春の新作パズルについての掲載をして行きたいと思います。

というのも、3月26日に【もののけ姫】【天空の城ラピュタ】の二つのビッグタイトルからまとまった数量の新作絵柄が登場するということで、全体的に優しく素人の方でも安心して挑戦できるスケールのパズル (108~300ピース) なので、ジブリが好きな人はもちろん、パズルを始めてみようという方がとりあえず取り組んでみるものとしても最適です。


※この記事で掲載してるパズルは全て2014年3月26日発売予定のものです。
(現在予約受付も行われています。)

 ↓  ↓  ↓  ↓

※この記事のパズルの発売は全て4月下旬に変更されている模様です。(3月24日更新)
※4月19日に該当の全種の発売を確認しました。(4月27日更新)






(該当のラインナップページへのリンク画像です)


アシタカとヤックル 108P

タタリ神の呪いにかかった青年アシタカと相棒のヤックルのアクションシーンを描いたパズルですね。 ピース数が少なく絵柄も大きいので、パズルとしても非常に優しくコンパクトな仕上がりとなります。(18.2×25.7㎝)

ジブリ作品は飛行シーンなどの浮遊感、スピード感、躍動感などが色々な作品の場面に登場して来て印象的なのですが、この「もののけ姫」では陸上を舞台にした駆け抜ける様なシーンがかなり多くてどこかアクションも特徴的な部分を感じる処です。 そして組み立てているウチにそういった画の持つドラマ性を自然と堪能できるのもパズルの魅力かも知れません。




【その他もののけ姫関連新作】

(以下の画像は全てクリックで拡大出来ます)



モロとサン 108ピース

山犬の神「モロの君」と「サン」のツーショットシーン。 こちらも画が大きく、二人のキャラクターと背景でそれぞれ色も違いますので作りやすそうなパズルだと思います。



 
ディダラボッチとコダマ 300ピース 

シシ神の夜の姿というのがこの「ディダラボッチ」ですが、この絵柄に登場する「コダマ」も非常にいい味をだしているのではないかと思います。 実際に山の中に入って見ても、その辺にこのコダマが居そうな気がしてふと頭に思い浮かべてしまうという方もいらっしゃることと思います。







【ラピュタ関連】






空から女の子が108P

ここからはラピュタ関連の新作パズルについて紹介させて頂こうと思うのですが、これらも全て3月26日に発売予定のものとなっています。

上の画像は空からシータが落ちてくるシーン冒頭の名場面ですね。 こちらも簡単な108Pパズルなので身構えることなく絵柄の世界観を楽しみながら組み立てることが出来ると思います。




とんでる! 300P

ドーラ一家と軍隊とのイザコザの中でパズーとシータが飛行石の力でゆっくりと空中を降りていく場面ですが、この背景となっている【炭鉱の町】というのも、ノスタルジックな雰囲気でロマンがあります。 このパズルは「ディダラボッチ」のと同じく300ピースですが、このピース数は難易度が易しめでいて結構出来上がってみると本格的に見える絶妙な魅力のあるサイズだと思います。




庭園のロボット 108P

シータに花を差し出すロボット兵。 この映画が公開された当時は現在よりも世界の7不思議古代ミステリーのような空想ロマンが熱かった筈ですし、実際ラピュタの様な空に浮かぶ城があったら行ってみたいと冒険心をくすぐられるものがある作品だと思います。




キツネリスと300P

キツネリスというとナウシカとも通じるものを感じる処ですが、ジブリの作品はさりげなく登場する部分に繋がるものが隠れていたりするのも面白い所です。 トトロも「もののけ」ですしね。





※その他にも取り扱いショップの「ジグソークラブ」ではジブリ作品はもちろん、総合的なジャンルの幅広いジグソーパズルや、立体型パズル、各パズルにピッタリと合うパネル(フレーム)や制作補助アイテムなども色々とチェックできるので、挑戦をお考えの方は目を通してみると便利で面白いと思います。



関連記事
天空の城に着くまでの間は、タイガーモス号パズルでも作ろう。
森の「コダマ」と「もののけ」達と作るパズル




PR

映画2014限定バージョン3Dドラえもん


こんにちは。 3月8日より2014年版のドラ映画「新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」が公開となり、ご家族づれやファンの方のドラえもん熱も高まっているものと思います。


それに先立って3月7日には2013年版の映画「ひみつ道具博物館」もテレビ初放映が行われるなど、いつまでたってもドラえもんは夢と希望と現実とのギャップを味あわせてくれる偉大な存在であることを自分としても再確認しているところであります。


そんな処で今回は、今年2月末に発売となった新しい映画版デザインの「ドラえもんの3Dパズル」について着目してみたので、関連のパズルと合わせて掲載させて頂こうと思います。







(該当のラインナップへのリンク画像です。)


THE MOVIE 14 60P

上の写真に載っているのが今回紹介している3Dパズルのなのですが、キャラクターグッズとしてはお馴染みの「クムクムパズル」のような形でドラえもんの真ん丸の顔を組み立てていく作りになっているようです。 パズル自体はみんながよく知っているドラえもんの顔ですしピース数も少ないので手軽に組み立てることができます。

特徴としては今回の映画らしく頭のてっぺんには「探検帽」を被らせてあるという部分でしょうか。 パズルアートとして完成後に飾って置く楽しみと、ファンの方には2014年版の映画公開のいい記念になる3Dパズルだと思います。



※クリックで拡大可能です。

また、このブログでは過去の記事の中で紹介済みではあるのですが、該当のショップの中ではその他の映画「新のび太の大魔境ペコと5人の探検隊」についてのパズルグッズが色々と揃えられているので、ドラえもんパズルを探しているという方はそちらの方も目を通してみるととても楽しいと思います。 通常のピースよりも大きめの【ラージピース】を使ったものや非常にやさしめのパズルが多いので小さなお子さんと一緒のチャレンジにも向いています。




【その他の関連】



ヒーローコミック 204P
※クリックで拡大可

これは2009年度版の映画「のび太の宇宙開拓史」に関するパズルだと思います。英語でかかれているので自分には全く何のことだか分からないのですが、象が「パオパオ!」等と吠えているのだけは理解できます。 あとはウサギの様なキャラクターがドラえもんの耳元で「シーエイチユー!」等と叫んでいるコマも気になる処です。





ドラミ・コレクション 204P

特番放送や劇場版などでここぞとばかりに登場して来るのが、この「ドラミちゃん」ですが、時には物凄い重要な役割を果たすキーマンになったりすることもあるので今後も彼女の活躍は欠かせません。 沢山いるドラミちゃんの中にちゃっかりドラえもんも混じっているあたりがイラスト的なアクセントになっているかもしれません。 204ピースとこれも手頃なパズルでいいですね。


その他にも、取扱いの「ジグソークラブ」では総合的なジャンルのジグソーパズルや、立体パズル、パネル関連備品/補助グッズなどなどパズルに関するものが全般的に揃えられているので、挑戦をお考えの際は見てみると楽しいと思います。 またドールハウスのベストセラー「シルバニアファミリー」などに関するアイテムも取り扱われている様です。




【番外関連情報】


これはパズルとは関係ないのですが、ドラえもんの公式サイトである【ドラえもんチャンネル】の中で、39名に「新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」に関するグッズが当たる抽選の応募が行われているようなので、関連グッズをゲットしたいという方は覗いてみてください。


※クリックで拡大可

また、現在新映画の公式サイト(ドラチャンからもアクセス可)ではペコとボール遊びが出来るゲームをプレイすることが出来るので、そちらの方も挑戦してみると楽しいかも知れません。 (自分はさっきやってみたらほとんど失敗して30ポイントでした。)



関連記事
「新のび太の大魔境」パズル続々登場




自分の仕掛けた装置がドールハウスを照らすワクワク感。


こんにちは。


五輪も終わってこれからパラリンピックがありますが、3月に入ると流石に空気が春になって来ているのも感じる所です。 まだ寒さは暫く残りそうですがあと少しという所でしょうか。

そんな処で今回は、上にも書いた様にミニチュアの【照明器具】について掲載してみようと思うのですが、実際の建物でも朝型と夜に電気を灯した時では全く見え方が違うのと同じで、ドールハウスも灯りをつければ普段とは全く違うロマンティックな雰囲気を演出することが可能で、これはこの世界を楽しむ上で一つお大きな要素になる部分ではないかと思います。

ミニチュアは製作者の数だけ個性と自由度をもって楽しめますし、組み合わせる楽しみや飾る楽しみなどパズルで遊ぶのと似ている部分もあるかと思いますので、新たな趣味をお探しの人は挑戦してみると楽しいことになってくるかも知れませんね。






(※該当のラインナップページへのリンク画像です)


上の写真に載っているものがミニチュア照明の一例で、今回の記事では「12V照明器具」のカテゴリ内で紹介されているものから掲載をさせて頂こうと思います。

本体や装飾部分を自作するという上級者の方もいらっしゃいますが、ショップで揃えられているラインナップも豊富なので、確り自分好みの照明でドールハウスを彩ることができることでしょう。






(※以下の画像はクリックすると拡大出来ます。)


ペンダントライト一例

天井から吊り下げられた現代でももっとも代表的な室内照明だと思いますが、ミニチュアの装飾はアンティークな赴きを感じるレトロな味わいのがたくさん用意されています。 実際の生活ではなかなかシャンデリアやアンティーク照明を集めるのも大変なのですが、ミニチュアの世界ではそれが手頃に楽しめるのもまた楽しい所ですね。




窓際や壁際に置くのが似合う照明一例

もちろんペンダントライトだけでなく、家の中にあちらこちらと設置できるタイプの照明も色々と用意されているので、ミニチュアで遊んでみようかという方やすでに愛好しているという方も見て回るととても面白いと思います。 右下のようにステンドグラス状になっていてライトをつけると壁にカラフルな光が映り込むような遊び心の効いた照明もあるようで、「ハイカラさん」の部屋に置くにはピッタリそうですね。



 
卓上へ設置するのが似合うタイプの照明

ろうそくから紐を引っ張ってつける絶妙に近代的な感じのものまで色々ですが、左下のライトなどはもし昔の警察の【取り調べ室】などを制作する場合にはとても合いそうで、刑事が犯人に「かつ丼が食いたいのか!?」などと厳しい追及をしながらライトを向けている場面などに個人的にピッタリだと思います。




庭先を照らすのに適したライト一例

やはり室内を照らせば家の入口である玄関回りにもライトをつけたくなるのも自然なことで、玄関の扉の脇を照らすタイプや、または写真右下のように下から何かを照らしあげるようなタイプのライトもあるようで、時期にはクリスマスツリーを照らしたり、オブジェ的なものをを照らしたりするのに便利そうです。




スタートユニットでライトをつけよう。

ミニチュアの照明を点灯させるには上の写真の下段に載っているような「スタートユニット」という電気供給装置が必要になるのですが(別売)、そちらの方も該当のショップの方で各種取り扱われているようです。




※備品や補助用品など

また、「交換用の電球」「延長コード」「電球交換用のドライバー」など、照明器具を楽しむには欠かせないアイテムなども色々とあって、上の写真左下のものなどは「シェード自作用ライト」というもので、照明の本体部分などを自分で制作したい人向けのものとなっている様で、丸型電球タイプや電球炎型タイプなどがあります。 (写真のは炎型)





※その他にも取扱いショップである「すぃーとあっぷるぱい」ではミニチュアの全般的なアイテムが豊富にそろっているので、ちょっと挑戦を考えてみようかという方や色々とミニチュアについて注目して見ようという方は一通り目を通してみると楽しいと思います。







パズルライフなロシア収監生活?


こんにちは。


現在後半に入ったソチ五輪が非常に熱くなっていますね。 今朝方等もジャンプ・ラージヒルの葛西選手が念願のメダルをゲットしましたし、連日のメダル獲得のニュースは非常に観る側としても充実したオリンピックを楽しませて貰っている感じがします。

そんな所で今回は開催国ロシアに関するパズルということで色々と見ていたのですが、流石に「ソチの風景」などのような都合のいいパズルはそうそうある訳もなく、あれやこれやで最終的にたどり着いたのが【ウサビッチ】という。 普通に日本製なロシアとなってしまいました。

しかしこのウサビッチ関連のキャラクターの表情やイラストというのは何だか見れば見るほど味わいの増す非常にトリッキーな魅力を感じる所であり、何だか心なしか最近ウサビッチに出てくるプーチンと大統領のプーチン氏の顔が似てきたような気さえするくらいであります。






(※該当のラインナップページへのリンク画像となっています。)


監獄ライフ WITH フレンズ 1000P


上の画像にあるのが今回まず紹介したいと思うウサビッチのメインキャラクター「キレネンコ」と「プーチン」の入る監獄模様を描いた1000ピース大型のジグソーパズルです。

ベッドの上でコサックダンスを踊るプーチンに、床にはマトリョーシカが置かれてあったりと、非常に(和製的な意味で)ロシアっぽさも兼ね備えた絵柄だと思います。 ヒヨコやカエルなどの仲間も色々いて楽しそうな牢獄模様です。

絵柄も全体に書き込まれた絵が続いているので、1000ピースとはいえ初心者もチャレンジし易い絵柄なのではないでしょうか。 通常ピースなので完成が結構大型になるので飾りがいもあると思います。 (サイズ:49cm×72cm)





【その他の関連パズル】



充電OK!? 108マイクロピース

ビリビリ電撃が流れる衝撃的な絵柄ですが、このパズルは108の「マイクロピース」となっていて通常のピースよりもかなり小さい(指先に丁度乗る程度)ので、ピンセットの扱いになれている人はあった方が便利かも知れないですね。





クッキング 300マイクロピース

こちらもマイクロピースなので、通常の300ピースよりもかなりコンパクトな仕上がりとなります。
(サイズ:14.8cm×21cm) 非常に危険な香りのプーチンが料理する絵柄です。





このスニーカーを下さい 300マイクロピース

このキレネンコはシューズコレクターということで、服役中もスニーカーの雑誌に夢中になっていたり、靴欲しさに脱獄してプーチンを巻き込んだりと、時に靴絡みのドタバタも展開するようですね。





収監生活のススメ  1000P

最後にウサビッチの色々な場面の絵が詰まった1000ピースジグソーということで、これ系の絵柄はファンの人が部屋に飾るにはピッタリではないでしょうか。 同じキャラクターたちの細かい絵が散らばっているので混乱する部分もあるかも知れませんが、全体的に絵が書き込まれている内容なので、確りと完成イラストを見ながら行えば気合で乗り越えられそうです。





※その他にも取り扱いのジグソークラブでは、ウサビッチだけでなく幅広く総合的なジャンルのジグソーの他 立体パズル、各種パネルや補助/備品等も揃えられているので、パズルに挑戦してみようという方は色々とチェックしてみると非常に楽しいです。

また、ウサビッチに関しては以前にも一度取り上げさせて頂いたと思うので、そちらの記事の方も暇な時にでも参考にして頂けたらと思います。



関連記事
ウサビッチの脱獄系ジグソーパズル?






[8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
紹介通販ショップ
プロフィール
HN:
パズノレ
性別:
男性
自己紹介:
※このブログはアフィリエイトを含む運用を行っています。
クリック報酬ものの広告は一切扱っていないので、該当ページを閲覧したからと言って特何かが起こる訳でも、リンクを利用することで利用者様に不利益が生じることはございませんので、安心して活用して頂ければと思います。
忍者ブログ [PR]